京セラの太陽光発電システム

太陽光発電エネルギーの今後の展望

ソーラーエネルギーシステムのリーディングカンパニーとして
環境と未来、ソーラーエネルギーの明日に向かって躍進します。

再生可能エネルギー普及の鍵となる太陽光発電への期待

環境への負荷が小さく、絶えることなく生み出される再生可能エネルギー。現在、地球温暖化の影響や化石燃料の高騰・枯渇への不安から、その普及が世界的に求められています。日本では、1997年、COP3京都会議以降、環境意識も大きく変わり、環境先進国としての立場で多くの再生可能エネルギーへの取り組みを行い、国をあげて、普及促進を進めています。

平成24年7月より、「再生可能エネルギー固定価格買取制度」がスタートし、再生可能エネルギーの普及へ向け、本格的に動き出しました。中でも平等に誰もが享受できるエネルギーである太陽光発電は、多くの助成制度も追い風となり、住宅、公共施設、工場や遊休地といった様々な場所への設置に関心が高まっています。

京セラは、約40年前の石油危機を機に「太陽光発電」の必要性を確信し、普及拡大に努めてまいりました。太陽光発電の開発を黎明期より途切れる事なく行い続け、1993年には、日本国内で初めて住宅用太陽光発電システムの販売を開始するなど、常にチャレンジし市場を創造してまいりました。

1999年より、お客様のエネルギーのホームドクターとして、フランチャイズ事業を開始。製品の品質はもちろんのこと、お客様へのご提案・施工・アフタサービスの品質にまでこだわる「4つの品質」を合言葉に、地域密着の販売網を全国に展開しています。

広がるエネルギーへの関心

今日、社会の関心はエネルギーを「生み出す」のみでなく、エネルギーの効率的利用や万が一に備えた蓄エネにまで広がっています。私たちも長年の太陽光発電システムの研究開発を通じて誰もが安心して使えるエネルギーについて考え続けた結果、また新たな一歩を踏み出し、現在では、業界最大容量※の蓄電池やエネルギーを「見える化」するHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)のご提案も行っています。

電気を「つくる」だけではなく、効率的に「ためる」、「賢くつかう」。京セラはワンランク上の住宅性能を備えたスマートハウスを提案してまいります。

私たちは常に未来志向でエネルギーのあるべきカタチを深く考え続け、社会に貢献していきます。このような想いを共有し共に歩んでいける企業様を、パートナーとして心よりお待ちしています。

※ 住宅用定置型リチウムイオン蓄電池において、2014年3月時点。増設ユニット(サブユニット)併用時。

京セラのスマートハウスイメージ図

つくった電気を賢くつかう 太陽光から電気をつくる 作った電気をためる SMART HOUSE

フランチャイズ加盟に関してお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ フリーコール 075-604-3456 受付時間 平日10:00〜17:00 京セラ(株)ソーラーエネルギー事業本部

京セラソーラーFC加盟店募集に関するお問い合わせ

このページのTOPへ