公共・産業用太陽光発電の仕組み

電気をつくる 1.太陽電池モジュール 電気をまとめる・整える 2.接続箱 電気をまとめる・整える 3.パワーコンディショナ 監視・計測する 4.リチウムイオン蓄電システム 停電時の電源確保 5.計測監視専用パソコン 気温系・日射計 監視・計測する 6.表示装置

電気をまとめる・整える 2.接続箱 発電した直流電流はここでまとめられ、パワーコンディショナに送られます。 スチール製、SUS製 電気をつくる 1.太陽電池モジュール 太陽の光エネルギーを受けて、直流電流を発生させます。 太陽電池モジュール 特別注文用太陽電池モジュール 独立電源用太陽電池モジュール 監視・計測する 5.表示装置 計測監視専用パソコンのデータをリアルタイムに表示することができます。(オプション) 屋内用表示装置、屋外用表示装置 電気をまとめる・整える 3.パワーコンディショナ 太陽電池モジュールで発電した直流電力を、一般電気機器で使える交流電力に変換します。 停電時の電源確保 4.リチウムイオン蓄電システム 太陽光発電との組み合わせで停電時の電源確保に威力を発揮します。(オプション) 監視・計測する 5.計測監視専用パソコン 現在の発電量を計測し、データとして集積することができます。(オプション) 監視・計測する 5.気温計・日射計 気温や日射量などのデータの計測に用いる機器となります。(オプション)

系統連系システムのしくみ

太陽の光エネルギーを受けて太陽電池モジュールが発電した直流電力を、パワーコンディショナによって交流電力に変換して施設で利用します。電力会社からの電力と連結しており、発電のない夜間や発電量が少ない曇天時は電力会社の電気を利用します。

まずはお気軽にご相談ください。

電話で問い合わせる フリーコール 0120-58-0526(無料) 受付時間 9:00〜17:00 土曜・日曜・祝祭日含む

  • 資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード
このページのTOPへ
住宅用太陽光発電システム
公共・産業用太陽光発電システム