O&Mサービス

メガソーラーから中小低圧ソーラーまで。O&Mは実績の京セラにおまかせください。(O&Mとは、Operation & Maintenanceの略です)

京セラ「O&Mサービス」の強み

京セラ「O&Mサービス」の強み

O&M契約を行うと、万一トラブルが発生した場合でも、
ワンストップ体制で発電所の復旧を行い、メーカーのネットワークを活かして発電損失を最小限にとどめることができます。

  • 1太陽電池モジュールのメーカーは問いません
  • 2パワーコンディショナメーカーとの協業体制
  • 3発電事業者様に手間を掛けさせません
  • 4豊富なメニューから選択が可能
常時監視
24時間監視
発電量分析
駆けつけ 等
保守計画
消耗品交換
機器更新
保守計画更新 等
定期点検
現地視察
不具合確認
発電性能診断 等
施設管理
除草・除雪作業
防犯対策
パネル清掃 等

充実のサービス内容

  • 発電量管理
  • 他社対応
  • 24時間受付
  • 法定点検
  • 法定外点検
  • 後付契約
  • 異常時警報
  • ホットスポット管理
  • 駆けつけサービス
  • パネル点検
  • 応急電気工事
  • 除草・除雪
  • センサー・カメラ監視
  • 電気主任技術者手配
  • Webカメラ監視

太陽光発電の保守・管理の重要度が高まる見通し

経済産業省は、再生可能エネルギー固定価格買取制度の再見直しに着手。新たな方針の一つとして、「適切な事業実施(点検・保守、施設撤去等)を確保する仕組みの導入」※1との項目が挙がっています。

保守・管理を徹底することで様々なリスクを低減できます。

  • ※1:経産省「固定価格買取制度(FIT) 見直しのポイント」より

低圧太陽光発電監視システム「見守りす<sup>®</sup>」

見守りす®とは、京セラが提供する、太陽光発電システムの監視サービスです。

  • 仕様監視装置/通信装置(モバイルルーター)/ボックス(監視装置と通信装置を収納するボックス)
  • 設置事例RS-485方式 パワーコンディショナ単位で計測し、異常も検知
  • 多数の太陽光発電所を一元的に管理。
  • 発電状況は、インターネット経由でスマートフォンやタブレットから、遠隔監視。
  • 充実したレポート(時間別/日別/月次レポート)。
  • 発電量などのビックデータを用いた独自のアラート機能によりトラブルを早期発見。
  • パワーコンディショナ毎に発電電力(電流/電圧)を1分単位で計測、5分周期でサーバーに送信。
  • 発電停止/発電量低下/パワーコンディショナ間比較/通信停止をメールで通知。
設置事例 RS-485方式

「見守りす<sup>®</sup>」発電画面 表示例

低圧太陽光発電監視システム「見守りす®」リーフレット (pdf/2MB) PDF

  • ● 「見守りす」は京セラ株式会社の登録商標です。

導入実績

大規模から中・小規模まで、様々な導入実績がある京セラは、保守・管理についても独自ノウハウを蓄積しています。

鹿児島/七ツ島メガソーラー発電所(70MW)

鹿児島/七ツ島メガソーラー発電所(70MW)

兵庫/高岡西水上メガソーラー発電所(約1.7MW)

兵庫/高岡西水上メガソーラー発電所(約1.7MW)

島根/出雲クリーン発電太陽光発電所(12.8MW)

島根/出雲クリーン発電太陽光発電所(12.8MW)

総合監視センター

総合監視センター

京セラの太陽光発電システム技術の象徴である、佐倉市ソーラーエネルギーセンター内に総合監視センターを開設。

自社事業、第三者事業も含め168サイト、248MWの運用&管理を展開しています。(2016年5月現在)

保守ネットワーク

保守ネットワーク

全国123以上の拠点があり、
万が一のときもフリーダイヤルにて365日24時間受付。

ご相談・お問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせ
フリーコール0120-58-0526 受付 9:00〜17:00 無休:年末年始除く ※O&Mサービスの相談とお伝え下さい

安全に関するご注意ご使用の前に(すぐにご使用を始めない場合でも設置工事完了後すみやかに)、
取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使いください。

警告取り扱いを誤った場合、使用者が死亡、または重傷を負う可能性が想定される場合。

  • 工事はお買い上げの販売会社・専門業者へご依頼ください。
  • 自立運転の際、生命に関わる機器は絶対に接続しないでください。
    自立運転の際、供給される電力は不安定です。
  • 可燃性ガスや引火物を近く(60cm以内)に置いたり、近くで使用したりしないでください。
    電気部品のスパークで漏れたガスや引火物などに引火する恐れがあります。

注意取り扱いを誤った場合、使用者が軽傷を負う危険が想定される場合、および物的損害のみの発生が
想定される場合。

  • 積雪や屋根からの落雪が心配な地域に設置する場合、直接海水等が飛散する場所への設置は、販売窓口にご相談ください。
  • システム以外の機器との接続は行わないでください。
    種類の異なる太陽電池等と接続すると出力に損失を生じたり、システム機器を損傷する恐れがあります。
  • 自立運転機能や非常時設定では、負荷によって使用できないものがあります。
    また、自立運転機能では、日射量によっては途中で電源が切れる場合があります。
  • パワーコンディショナや配線から漏れる電気的ノイズが、近隣(目安として半径100m以内)のアマチュア無線やラジオなどの電波受信に影響を与えることがあります。近隣にアマチュア無線などのアンテナがある場合は、購入される前に販売窓口へご相談ください。
  • アース工事を行ってください。[C種・D種接地工事]
    アースが不完全な場合、感電の恐れがあります。アース線は、ガス管・水道管・避雷針・電話のアース線に接続しないでください。

まずはお気軽にご相談ください。

電話で問い合わせる フリーコール 0120-58-0526(無料) 受付時間 9:00〜17:00 土曜・日曜・祝祭日含む

  • 資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード
このページのTOPへ
住宅用太陽光発電システム
公共・産業用太陽光発電システム