リチウムイオン蓄電システム

  • 製品一覧
  • 仕様

リチウムイオン蓄電システム

品名 リチウムイオン蓄電システム
型式 DS1015、DS2015
蓄電池容量 15kWh×並列数
定格出力 10kW、20kW
定格出力電圧 三相AC202V
定格出力周波数 50/60Hz
特定負荷 三相3線式 202V 最大10kVA
単相2線式 101V 最大2.5kVA×2回路(5kVA)
備考 定格容量は三相と単相の合計10kVA※1
質量 約1070kg(10kW屋内)/約1100kg(10kW屋外)
約1120kg(20kW屋内)/約1150kg(20kW屋外)
外形寸法(mm) W1714×H1910×D740(屋内)/W1800×H2060×D1090(屋外)
(突起物含まず)
設置場所 屋内、屋外(オプションで塩害仕様あり)
周囲温度 −20〜+40℃
品名 ラインバック ΣⅢ
型式 LBBFA-**-T3CRLLK(Li)-F-A※2
蓄電池容量 16.8kWh×並列数
定格出力 10〜50kW
定格出力電圧 三相AC202V
定格出力周波数 50/60Hz
特定負荷 三相3線式 202V 最大定格出力容量対応可
単相2線式 カスタマイズ対応可
備考 三相と単相の合計容量は各定格容量が最大容量
質量 1200kg
(LBBFA-10-T3CRLLK(Li)-F-A、LIM50EN12G4-C2×8直列の場合)
外形寸法(mm) W1600×H1950×D800
(LBBFA-10-T3CRLLK(Li)-F-A、LIM50EN12G4-C2×8直列の場合)
設置場所 屋内(オプションで屋外、耐塩シェルターあり)※3
周囲温度 −10〜+40℃
  1. ※1:使用する負荷によっては動作しない場合や、接続する負荷アンバランスにより運転できない場合があります。
  2. ※2:**には定格出力容量を表す10,20,30,40,50の数値が入ります。
  3. ※3:火災予防条例対応キュービクルにて対応可能です。
品名 太陽光発電連係型 リチウムイオン蓄電システム※4
型式 EGS-LM1201
蓄電池容量※4 12kWh※5
定格出力電圧
(連系出力/特定負荷出力)
AC202V(単相2線式、単相3線に接続)/AC101V(単相2線式)
定格出力周波数 50/60Hz
定格出力
(連系出力/特定負荷出力)
3.0kW 2.0kVA
外形寸法(mm) W1060×H1250×D300(突起物含まず)
質量 226kg
設置場所 屋外
周囲温度 −20〜+40℃(重塩害地域を除く)
  1. ※4:太陽光パワーコンデショナとの接続は、定格容量5.9kWで3台、4.5kWの場合は4台まで(最大定格容量:18kWまで)。太陽光発電システムで全量買取制度を利用されている場合や一般家庭でのご使用(負荷)がない場合は、メンテナンスモードが正常に終了できませんので、設置いただけません。
  2. ※5:実使用時の容量は各種損失をかけた容量となります。周辺温度やお客様宅での消費電力量により電力変換効率が下がる場合があります。
  1. ●自立運転の際、生命にかかわる機器は絶対に接続しないでください。
  2. ●すでに太陽光発電システムを導入されている方も追加設置が可能です。接続できるパワーコンディショナは販売窓口へご相談ください。

安全に関するご注意ご使用の前に(すぐにご使用を始めない場合でも設置工事完了後すみやかに)、
取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使いください。

警告取り扱いを誤った場合、使用者が死亡、または重傷を負う可能性が想定される場合。

  • 工事はお買い上げの販売会社・専門業者へご依頼ください。
  • 自立運転の際、生命に関わる機器は絶対に接続しないでください。
    自立運転の際、供給される電力は不安定です。
  • 可燃性ガスや引火物を近く(60cm以内)に置いたり、近くで使用したりしないでください。
    電気部品のスパークで漏れたガスや引火物などに引火する恐れがあります。

注意取り扱いを誤った場合、使用者が軽傷を負う危険が想定される場合、および物的損害の発生が
想定される場合。

  • 積雪や屋根からの落雪が心配な地域に設置する場合、直接海水等が飛散する場所への設置は、販売窓口にご相談ください。
  • システム以外の機器との接続は行わないでください。
    種類の異なる太陽電池等と接続すると出力に損失を生じたり、システム機器を損傷する恐れがあります。
  • 自立運転機能や非常時設定では、負荷によって使用できないものがあります。
    また、自立運転機能では、日射量によっては途中で電源が切れる場合があります。
  • パワーコンディショナや配線から漏れる電気的ノイズが、近隣(目安として半径100m以内)のアマチュア無線やラジオなどの電波受信に影響を与えることがあります。近隣にアマチュア無線などのアンテナがある場合は、購入される前に販売窓口にご相談ください。
  • アース工事を行ってください。[C種・D種接地工事]
    アースが不完全な場合、感電の恐れがあります。アース線は、ガス管・水道管・避雷針・電話のアース線に接続しないでください。

まずはお気軽にご相談ください。

電話で問い合わせる フリーコール 0120-58-0526(無料) 受付時間 9:00〜17:00 土曜・日曜・祝祭日含む

  • 資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード
このページのTOPへ
住宅用太陽光発電システム
公共・産業用太陽光発電システム