京セラの「創・蓄・活」でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を実現

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に向けた京セラの取り組み

新たなエネルギー時代へ向けて、京セラが掲げるキーワードは「創・蓄・活」。

太陽の光で創った電気を蓄え、ムダなく活かせる製品をラインアップすることで京セラは、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)をご提案します。

「創・蓄・活」でZEHを実現 通風・換気による春・秋の暖冷房使用の軽減 冬の日光の取り込み夏の日射の遮断 地中熱利用地下の温度差利用による冷暖房

  • 昼の電気を
    太陽光で創る
  • 夜の電気を
    蓄電池に蓄える
  • 創った電気を
    HEMSで活かす

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

国は2020年までに注文戸建住宅の過半数でZEHを実現することを目指すとしています。

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。「太陽光発電などでエネルギーを創ること」に加えて、「創ったエネルギーをうまく活かすこと」「断熱性能を向上してエネルギーロスの少ない家づくりをすること」で、年間の一次エネルギー消費量(照明・換気・給湯・冷房暖房)を“正味(=ネット、net)ゼロ”にする住宅を指します。つまり、創るエネルギーで使うエネルギーをまかなえる家、それが今、国が普及に力を入れているZEHです。

補助金制度もあります。
平成29年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業
詳しくは、https://sii.or.jp/zeh29/

ZEH達成には「創エネ」と「活エネ」がカギ!

創エネ-(活エネ+断熱)≦1年間の一次エネルギー消費量

POINT1  創エネ、POINT2、 活エネ POINT3  断熱

さらに、経済産業省「ZEH ロードマップ検討委員会とりまとめ」(2015年)では、創った電力を貯めて発電時間以外にも使えるよう蓄電池の利用が望ましいとされています。

長期信頼性の京セラ

京セラは、1975年から太陽光発電システムの研究開発に取り組み、1993年には住宅用太陽光発電システムを日本で初めて発売しました。

1984年に太陽光発電を世に知らしめるべく「佐倉ソーラーエネルギーセンター」(千葉県・佐倉市)を設立。同センターに設置された太陽電池は現在も稼働し続けており、当時からの高い技術と長期信頼性を実証しています。

おかげさまで、住宅での長期使用実績は国内No.1※1です。

  1. ※1:2017年4月時点。当社調べ。

佐倉ソーラーエネルギーセンター

  1. ※2:太陽光売電優先モードの場合。また、蓄電池で貯めた電力を売電することはできません。

エネルギーの使用状況が「見える化」することとは?

たとえば

  • 太陽光発電システムで創った電気を蓄電システムで蓄えて夜間に使う。
  • 蓄電システムで電気を蓄えることで、非常用電源としても活用。
  • 電気を「見える化」 出来る、HEMS※3で、家の太陽光発電の稼働状況や、電力計測、ガス・水道の使用状況を確認しながら使う。
ライフスタイルに合わせて選べる京セラのスマートハウス
  1. ※3:ホーム・エネルギーマネジメント・システム「Home Energy Management System」を略した言葉。家庭のエネルギー管理を行うためのシステムで、主に「エネルギーの見える化」と「エネルギーの制御」という2点を実現するために開発されました。

太陽光発電とさまざまなシステムを組み合わせるともっとおトクに!

まずはお気軽にご相談ください。

電話で問い合わせる フリーコール 0120-58-0526(無料) 受付時間 9:00〜17:00 土曜・日曜・祝祭日含む

  • お見積り依頼
  • 資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード
このページのTOPへ
住宅用太陽光発電システム
公共・産業用太陽光発電システム