ご提案からシステム導入後までの流れ

お問い合わせからアフターサービスまで、きめ細やかにサポートいたします。

お客様のご相談からシステム導入後までの流れ

※1:「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の施行にともない、電力会社に系統連系申請を行う前に国の事業計画認定を受け、認定設備ID番号を取得する必要があります。
50kW未満の設置は電子申請、50kW以上の設置は申請書による申請となります。また、この特別措置法は2017年4月1日施行にて一部を改正する法律が成立、公布されており、ルールが改定されます。
2016年7月1日から2017年3月31日までに設備認定を受けた場合、認定取得から9ヶ月以内に電力会社との接続契約締結が必要となります。また、2017年4月1日改正法施行日にて、新認定制度による認定を受けたものとみなされ、みなし認定された時点から6ヶ月以内に、住宅用も事業計画を提出することを求められる場合があります。加えて、2016年8月1日以降に電力会社と接続契約(工事費負担金契約まで)を締結した分から、運転開始期限が設定されます。
住宅用(10kW未満)は、みなし認定に移行した日から1年以内に運転開始が必要となり、出来ない場合、認定が失効となります。

● HEMSの補助金については地方自治体により異なります。
申請方法・手続きの流れについては、各自治体のウェブサイトにてご確認ください。

ご購入をサポートする各種制度もございます。お気軽にご相談ください!

各種提携ローン

京セラ製ソーラー発電システムのご購入費用と、それに伴う付帯工事費(トリプル保証料金含む)にご利用いただける大手信販会社との便利な提携ローン※2もご用意しています。 詳しくは販売窓口にてお気軽にご相談ください。

全国の販売窓口を検索する

※2:設置地域やお客様の条件により、ご利用いただけない場合もあります。詳しくは販売窓口にお問い合わせください。

住宅金融支援機構の融資

長期固定金利住宅ローン「フラット35」では、住宅に設置する太陽光発電設備から得られる売電収入額を年間収入額に加算できる場合があります。詳細については、フラット35のウェブサイトをご覧ください。

http://www.flat35.com/loan/flat35/solar.html

京セラ製住宅用ソーラー発電システム(3kW以上)は、住宅金融支援機構が行う割増融資「省エネルギー型設備設置工事」の対象となります。(フラット35ではご利用できません) 。詳細については、住宅支援機構のウェブサイトをご覧ください。

http://www.jhf.go.jp/customer/kijyun/index.html

全国の販売窓口を検索する

まずはお気軽にご相談ください。

電話で問い合わせる フリーコール 0120-58-0526(無料) 受付時間 9:00〜17:00 土曜・日曜・祝祭日含む

  • お見積り依頼
  • 資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード
このページのTOPへ
住宅用太陽光発電システム
公共・産業用太陽光発電システム