太陽光発電システム パワーコンディショナ

  • 製品特長
  • 製品一覧
  • 仕様

仕様表

屋内用(エコノライン® EXシリーズ)

品名 エコノラインEX
型式 PVN-406 PVN-553
外形図
定格出力(最大)※1 4.0kW 5.5kW
定格入力電圧 DC250V
入力運転電圧範囲 DC50〜450V
定格出力電圧 AC202V(自立運転時AC101V)
定格出力周波数 50/60Hz
相数 単相2線式 AC202V(単相3線式に接続)
電力変換効率(定格出力時)※1 96.0%
絶縁方式 トランスレス方式
運転時騒音※2 30dB以下
夜間表示機能 無し
自立運転機能
(自立運転出力用
コンセント・端子台)
最大出力合計 2.0kVA 最大出力合計 2.75kVA
自立運転出力用コンセント:最大1.5kVA
自立運転出力用端子台:最大1.5kVA
連系保護装置 交流不足電圧、交流過電圧、系統周波数低下、系統周波数上昇
単独運転検出 受動的方式、能動的方式(多数台連系対応)
冷却方式 自然空冷
外形寸法(mm) ※3 W460×H280×D157 W550×H280×D173
質量※3 16.0kg 19.6kg
設置場所 屋内用
使用温度範囲 −10〜40℃
JET認証登録番号 ※4 MP-0131 MP-0130
希望小売価格 ※5
(税抜価格)
313,200円
(税抜290,000円)
432,000円
(税抜400,000円)
寸法図(単位:mm)
  1. ※1:JIS C 8961に基づく効率測定方法による定格負荷効率を示します。
  2. ※2:運転時、A特性、装置正面1mにて〔参考目安:図書館の中40dB、ささやき声30dB(環境省ホームページより)〕
  3. ※3:取付板を含みます。
  4. ※4:JET認証登録番号とは、一般財団法人電気安全環境研究所による認証試験基準の適合の確認、及びそのモデルと同等の製品を継続的に製造できる体制であるかの工場調査等を経て認証された番号となります。
  5. ※5:希望小売価格は2017年5月時点のものです。

屋内用・屋外用(エコノライン® RXシリーズ)

品名 エコノラインRX
型式 PVS-451 PVS-590
外形図
定格出力(最大) 4.5kW 5.9kW
定格入力電圧 DC250V
入力運転電圧範囲 DC50〜370V DC50〜450V
定格出力電圧 AC202V(自立運転時AC101V)
定格出力周波数 50/60Hz
相数 単相2線式 AC202V(単相3線式に接続)
電力変換効率(定格出力時) ※1 94.5% 95.5%
絶縁方式 トランスレス方式
運転時騒音 ※2 40dB以下 40dB以下
夜間表示機能 有り
自立運転機能
(自立運転出力用
コンセント・端子台)
最大出力1.5kVA
自立運転出力用コンセント:なし    
自立運転出力用端子台:最大1.5kVA
連系保護装置 交流不足電圧、交流過電圧、系統周波数低下、系統周波数上昇
単独運転検出 受動的方式、能動的方式(多数台連系対応)
冷却方式 強制空冷 自然空冷(内部撹拌ファンあり)
外形寸法(mm) ※3 W666×H429×D175
W650×H429×D230
質量※3 27.0kg 33.0kg
設置場所 屋外用・屋内用 屋外用・屋内用
使用温度範囲 −20〜40℃ −20〜40℃
JET認証登録番号 ※4 MP-0019 MP-0030
希望小売価格 ※5
(税抜価格)
388,800円
(税抜360,000円)
518,400円
(税抜480,000円)
寸法図(単位:mm)
品名 リモコン(PVS-451、PVS-590付属品)
外形図
操作 運転切替(系統連系/自立/停止)
表示 ・運転状態LED(系統/自立)
・発電電力
・瞬時最大発電電力
・総積算電力量
・異常(点検)コード
電源供給 パワーコンディショナ本体から供給
パワーコンディショナ接続台数 1台
外形寸法(mm) W100×H162×D25.5
寸法図(単位:mm)
オプション
品名 リモコンケーブル
型式 PRC-15A、PRC-30A
備考 パワーコンディショナ - リモコン間 接続用(15m、30m)
どちらかを選択していただきます。
  1. *リモコンケーブルは別売ですが、パワーコンディショナ1台に1本必要になります。
  2. ※1:JIS C 8961に基づく効率測定方法による定格負荷効率を示します。
  3. ※2:運転時、A特性、装置正面1mにて〔参考目安:図書館の中40dB、ささやき声30dB(環境省ホームページより)〕
  4. ※3:取付板を含みます。
  5. ※4:JET認証登録番号とは、一般財団法人電気安全環境研究所による認証試験基準の適合の確認、及びそのモデルと同等の製品を継続的に製造できる体制であるかの工場調査等を経て認証された番号となります。
  6. ※5:希望小売価格は2017年5月時点のものです。
  1. ●屋外設置型パワーコンディショナはオムロン株式会社製です。

屋内用・屋外用(KPシリーズ)

品名 屋外設置型パワーコンディショナ
型式 KP44M-KC KP55M-KC KP44M-J4-KC KP55M-J4-KC
外形図
定格出力(最大)※1 4.4kW 5.5kW 4.4kW 5.5kW
定格入力電圧 DC250V
入力運転電圧範囲 DC60〜400V
定格出力電圧 AC202V(自立運転時AC101V)
定格出力周波数 50/60Hz
相数 単相2線式(単相3線式に接続)
電力変換効率(定格出力時)※1 95.0% 95.0% 95.0% 94.5%
絶縁方式 トランスレス方式
運転時騒音※2 29dB以下(標準値)
夜間表示機能 無し
自立運転機能
(自立運転出力用
コンセント・端子台)
最大出力1.5kVA
自立運転出力用コンセント:なし    
自立運転出力用端子台:最大1.5kVA
連系保護装置 交流不足電圧、交流過電圧、系統周波数低下、系統周波数上昇
単独運転検出 受動的方式、能動的方式(多数台連系対応)
冷却方式 自然空冷(内部撹拌ファンあり)
外形寸法(mm) ※3 W720×H400×D220
質量※3 36.0kg
設置場所 屋外用・屋内用
使用温度範囲 −20〜45℃
JET認証登録番号 ※4 MP-0022 MP-0016 MP-0022 MP-0016
希望小売価格 ※5
(税抜価格)
オープン価格
寸法図(単位:mm)
品名 操作表示ユニット(オプション)オムロン株式会社製
外形図
型式 KP-SW1-KC
操作 運転切替スイッチ(系統連系運転/自立運転/停止)
表示 ・運転状態LED(系統/自立)
・発電電力(パワーコンディショナが複数台の場合は合計値)
・エラーコード
電源供給 パワーコンディショナ本体から供給
パワーコンディショナ接続台数 最大接続台数5台
外形寸法(mm) W70×H120×D35(突起物除く)
寸法図(単位:mm)
希望小売価格
(税抜価格)※4
オープン価格
  1. *KP44M-KC、KP55M-KC、KP44M-J4-KC、KP55M-J4-KCのオプションとなります。
  2. ※1:JIS C 8961に基づく効率測定方法による定格負荷効率を示します。
  3. ※2:運転時、A特性、装置正面1mにて〔参考目安:図書館の中40dB、ささやき声30dB(環境省ホームページより)〕
  4. ※3:取付板を含みます。
  5. ※4:JET認証登録番号とは、一般財団法人電気安全環境研究所による認証試験基準の適合の確認、及びそのモデルと同等の製品を継続的に製造できる体制であるかの工場調査等を経て認証された番号となります。
  6. ※5:希望小売価格は2017年5月時点のものです。
  1. ●屋外設置型パワーコンディショナはオムロン株式会社製です。
  2. ●パワーコンディショナの運転時、市販PLC(高速電力線通信)アダプターを用いたインターネット等のデータ通信速度が低下する場合があります。
  3. ●運転時の高周波音は聴覚感度が高い方にとって不快に感じる場合があります。聴覚感度が高いと思われる方がいらっしゃる場合には事前にご相談ください。
  4. ●パワーコンディショナや配線から発生する電気的ノイズが、近隣(目安として半径100m以内)のアマチュア無線やラジオ等の電波受信に影響を与えることがあります。近隣にアマチュア無線等のアンテナがある場合は、購入される前に販売窓口にご相談ください。
  5. ●設置環境により、パワーコンディショナ上部の壁(屋内設置の場合は壁や天井)にホコリが付着する場合があります。
パワーコンディショナに関するご注意

パワーコンディショナの運転時、市販PLC(高速電力線通信)アダプターを用いたインターネット等のデータ通信速度が低下する場合があります。運転時の高周波音は聴覚感度が高い方にとって不快に感じる場合があります。 聴覚感度が高いと思われる方がいらっしゃる場合には事前にご相談ください。

パワーコンディショナや配線から発生する電気的ノイズが、近隣(目安として半径100m以内)のアマチュア無線やラジオ等の電波受信に影響を与えることがあります。近隣にアマチュア無線等のアンテナがある場合は、購入される前に販売窓口にご相談ください。

設置環境により、パワーコンディショナ上部の壁(屋内設置の場合は壁や天井)にホコリが付着する場合がありますので、日常のお手入れを行うことをお薦めします。

パワーコンディショナの定格出力以上の発電電力はお使いいただけませんが、システムの実使用時の発電電力は最大でも各種損失により太陽電池容量の70〜80%程度になりますので、パワーコンディショナは定格出力(最大)の1.2倍の太陽電池容量のシステムまで対応可能としております。ただし、一面設置でパワーコンディショナの定格出力以上の太陽電池容量を設置する場合などは、パワーコンディショナの定格出力以上の発電分をカットする場合がありますので、太陽電池容量を超えるパワーコンディショナか2台設置をお選びいただくことも可能です。

その他、対応可能な太陽電池容量であってもシステム構成によってはお使いいただけない場合があります。個々のシステム設置条件、将来の増設予定やご希望等により、適したパワーコンディショナが異なりますので、詳しくは販売窓口にご相談ください。

太陽光発電システム・蓄電システム・HEMSに関する補足事項

  • 安全に関するご注意
  • 訪問販売に関するご注意
  • 海岸地域での太陽光モジュール等の使用について
  • 太陽電池モジュール設置場所の条件について

太陽光発電システム・蓄電システム・HEMSに関する補足事項を見る

まずはお気軽にご相談ください。

電話で問い合わせる フリーコール 0120-58-0526(無料) 受付時間 9:00〜17:00 土曜・日曜・祝日含む

  • お見積り依頼
  • 資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード
このページのTOPへ
住宅用太陽光発電システム
公共・産業用太陽光発電システム