太陽光発電システム 高さ2.0mまでの積雪地域専用

高さ2.0mまでの積雪地域※専用 ソーラー発電システム ラインアップ 京セラの積雪荷重対策 積雪が太陽電池モジュールにおよぼす3つの課題を実証実験でクリア!

※ 建築基準法施行令第86条による垂直積雪量が2.0m以下の地域

  • 傾斜屋根
  • 陸屋根・地上設置
  • ハゼ式折板屋根
  • 仕様

傾斜屋根の積雪対応

  • 対応型式 : KJ210P-3CW6CG

傾斜屋根用

ラックのポイント

■ 積雪専用「SI横ラック」「SI縦ラック」の組み合わせと、「SI補強バー」で対応

積雪専用の設置システムには「SI横ラック」「SI縦ラック」と、新たに開発した強固な金具(瓦アンカー金具※)を取り付け、2mの積雪の荷重に対応します。さらに、「SI補強バー」を取り付けることで左右の端にかかる荷重にも対応します。SI補強バー拡大図(3本設置の場合)太陽電池モジュール1枚あたりの本数・垂直積雪量1.5m以下の地域:2本 ・垂直積雪量1.5m〜2.0m以下の地域:3本 ※和瓦・平板瓦向け

■ 対応屋根材と施工方式

瓦アンカー金具方式 ●和瓦・平板瓦に穴をあけ、ラックシステム(架台)固定用の金具を取り付ける施工方法 ●新築、既築住宅どちらでも可/取り付け断面/金具の取り付け方法
板金金具方式 ●横葺き板金屋根の板金上に、ラックシステム(架台)固定用の板金金具を取り付ける施工方法 ●新築、既築住宅どちらでも可/取り付け断面
直金具A方式 ●縦葺き板金屋根の板金上に、ラックシステム(架台)固定用の直金具を取り付ける施工方法 ●新築、既築住宅どちらでも可/取り付け断面

モジュールのポイント

■ 太陽電池モジュールにはサポートバーを追加し強度アップ!

京セラ製太陽電池モジュール裏面には3本のサポートバーを追加し、降り積もる雪の重さにも耐えられるよう、太陽電池モジュール自体の補強もしています。

太陽電池モジュール裏面

まずはお気軽にご相談ください。

電話で問い合わせる フリーコール 0120-58-0526(無料) 受付時間 9:00〜17:00 土曜・日曜・祝日含む

  • お見積り依頼
  • 資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード
このページのTOPへ
住宅用太陽光発電システム
公共・産業用太陽光発電システム