トピックス

2012年

2012年06月06日

京セラグループの身近な省エネ活動「グリーンカーテン」

2012年06月06日

トピックスは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

近年、家庭や企業にて身近に取り組める省エネ活動として、建物の外壁の一部に植物を育てる「グリーンカーテン」が、注目されています。
京セラグループでは、2007年度より国内外での工場·事業所で「グリーンカーテン」に取り組み、2011年度には、過去5年間で最多となる国内外グループの22拠点で実施し、総面積約3,037m2(テニスコート約11.6面分)のグリーンカーテンを生育いたしました。
本年も、4月から順次、各地にてグリーンカーテンの準備に取り掛かっています。

■グリーンカーテンとは
グリーンカーテンとは、4月中旬から5月上旬に窓辺にゴーヤやヘチマ、朝顔などのつる性の植物の種をまき、夏にかけて育て、窓を覆うことによって作るカーテンです。室内温度および建物の表面温度の上昇を抑え、また、葉の蒸散作用によって部屋を涼しくする効果があります。
当社鹿児島川内工場では、グリーンカーテンの有無によって外壁の表面温度が約15℃ 異なるという効果を確認。夏場のエアコン使用を控え、電気代とCO2を削減できる環境にやさしい取り組みです。

京セラ福島棚倉工場のグリーンカーテン(2011年8月)

■京セラグループの様々な活動
グリーンカーテンはご一般の方々が身近に取り組める省エネ活動であることから、京セラグループはより多くの方に取り組んでいただくために以下の様々な活動を実施しています。

(1) 京セラグリーンカーテンWEBサイトを掲載
2010年より、京セラホームページ内に、グリーンカーテンを紹介するページを開設。家庭でグリーンカーテンを育てるためのノウハウを、イラストなどを織り交ぜ分かりやすく解説しています。
【グリーンカーテンWEBサイト http://www.kyocera.co.jp/ecology/greencurtain/
グリーンカーテンWEBサイトのコンテンツ(一部抜粋) グリーンカーテンWEBサイトのコンテンツ(一部抜粋)
グリーンカーテンWEBサイトのコンテンツ(一部抜粋)

(2) グリーンカーテン用の苗を地域住民の方へ配布
京セラ滋賀蒲生工場・滋賀八日市工場(ともに滋賀県東近江市)では、昨年6 月、地域一体となってグリーンカーテンを広めようと、東近江市などの協力のもと、工場で育てたゴーヤの苗を近隣住民の方々へ配布しました。本年も同様に実施する計画です。

滋賀蒲生・滋賀八日市工場の社員によるゴーヤ苗の配布(2011年6月)

当社グループのグリーンカーテンは、毎年、実施拠点数と総面積を拡大しています。また、収穫物のゴーヤなどは、社員食堂のメニューに盛り込まれるほか自宅においてもグリーンカーテンを生育する社員も増え、身近な省エネ活動として拡がっています。

今後も、このような身近な活動を通して省エネの推進に寄与してまいります。

トピックスは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページのお問い合わせ