トピックス

2013年

2013年11月05日

日本最大のメガソーラーの稼働開始に合わせてテレビCMを放映

11月5日(火)より全国放映開始 昨年に引き続き女優の優希美青さんを起用

2013年11月05日

トピックスは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社は、日本最大の「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」が本年11月1日から稼働を開始したことに伴い、本年11月5日(火)より、全国でテレビCMを放映しますので、お知らせいたします。
※2013年11月1日現在稼働中の太陽光発電所において(京セラ調べ)

このたびの新CM「歴史を変えるメガソーラー」篇(30秒)は、発電能力70MWで一般家庭の約 2万2千世帯分相当の電力を発電する日本最大の「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」に採用された京セラ製太陽電池の長期にわたる信頼性の高さを伝えるとともに、住宅用太陽光発電システム、蓄電システム、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を紹介しています。
業界の先駆者として、35年以上もの間、太陽光発電システムの研究開発および製造に携わる京セラは、「KYOCERA THINKING ENERGY」というスローガンのもと、「創」「蓄」「省」を軸にした幅広い環境エネルギー製品を新しいエネルギーブランドで展開しています。このスローガンのもと、昨年に引き続き女優の優希美青さんをCMキャラクターに起用し、メガソーラー発電所の完成をPRする新CMを制作いたしました。

■新CM「歴史を変えるメガソーラー」篇(実際の30秒CM映像より抜粋)
写真:①「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」を紹介 ①「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」を紹介
「鹿児島七ツ島メガソーラー発電所」の広大な敷地に並んだ約29万枚の太陽電池パネルの中を、優希さんが嬉しそうにリポートする姿を、雄大な桜島を望むダイナミックな空撮映像で表現しています。
写真:②京セラの環境エネルギー製品を紹介 ②京セラの環境エネルギー製品を紹介
住宅用太陽光発電システム、蓄電システム、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)など当社グループの環境エネルギー製品を紹介します。
写真:③京セラの新ブランド「KYOCERA THINKING ENERGY」 ③京セラの新ブランド
「KYOCERA THINKING ENERGY」

環境エネルギーのブランドスローガン“京セラは、技術力でエネルギーを変える。”と「KYOCERA THINKING ENERGY」を紹介します。
写真:③京セラの新ブランド「KYOCERA THINKING ENERGY」
■放映概要
2013年11月5日(火)~2013年11月17日(日)までの13日間、全国にて放映
なお、新CMは、京セラホームページでもご覧いただけます。 http://www.kyocera.co.jp/energy/ad/index.html

トピックスは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページのお問い合わせ