トピックス

2015年

2015年06月29日

京セラTCLソーラー合同会社による関西最大級(京都府最大)※1
「京都 · 伏見メガソーラー発電所」 の建設について

2015年06月29日

トピックスは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社および東京センチュリーリース株式会社が共同出資する京セラTCLソーラー合同会社(本社:東京都千代田区)は、関西最大級(京都府最大)※1となる約23MWの「京都 · 伏見メガソーラー発電所」の建設を開始するにあたり、本年6月28日に起工式を執り行いましたのでお知らせいたします。

写真:起工式(6/28)の模様
起工式(6/28)の模様


■「京都 · 伏見メガソーラー発電所」の概要
所在地 京都府京都市伏見区醍醐陀羅谷1
(京都国際カントリー倶楽部 跡地)
事業主 京セラTCLソーラー合同会社
設計 · 施工 三井住友建設株式会社
出力規模 約23MW
太陽電池設置枚数 270W(60直)の京セラ製多結晶太陽電池モジュール 約90,000枚
年間予想発電量 約26,312MWhの見込み
(一般家庭約8,100世帯分の年間電力消費量に相当※2
売電先 関西電力株式会社
スケジュール 着工:2015年6月28日、稼働:2017年9月(予定)

■「京セラTCLソーラー合同会社」の概要
社名 京セラTCLソーラー合同会社
所在地 東京都千代田区
資本構成 東京センチュリーリース(81%)、京セラ(19%)
設立年月 2012年8月
事業内容 太陽光発電による売電事業

※1 2015年6月1日現在稼働中の太陽光発電所において(京セラ調べ)
※2 1世帯当り3,254.4kWh/年で算出 出典:電気事業連合会『原子力・エネルギー図面集2015』

トピックスは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページのお問い合わせ