トピックス

2017年

2017年07月13日

省エネ調理で人気の「セラブリッド® フライパン」に新色が登場

白色×コーラルピンク色で、キッチンを明るく演出

2017年07月13日 NEW

トピックスは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、熱伝導の良さと遠赤外線効果により省エネ調理ができることで好評の「セラブリッド フライパン」(ガス火専用)において、新色を商品化し、本年7月15日(土)より全国の専門店、量販店などで順次販売を開始します。
本商品では、従来黒色を採用していた調理面を、調理中もお皿に載せたときのイメージがしやすいと人気の白色にリニューアル。 また、外面には鮮やかなコーラルピンク色を採用し、キッチンを明るくするデザインに仕上げました。 

写真:「セラブリッド® フライパン」(ガス火専用) 26cm
「セラブリッド® フライパン」(ガス火専用) 26cm
写真:フライパン調理例
フライパン調理例

■商品概要
商品名 セラブリッド® フライパン(ガス火専用)
種類 フライパン
(CFD-G20A-WPKC)
20cm
フライパン
(CFD-G26A-WPKC)
26cm
フライパン
(CFD-G28A-WPKC)
28cm
イタメナベ
(CFD-G28FA-WPKC)
28cm
重量 約570g 約850g 約946g 約933g
価格 オープン価格
発売 本年7月15日(土)より全国の専門店、量販店などで順次販売開始

■セラブリッド® シリーズについて
京セラのセラブリッドシリーズは、硬質のセラミックスを塗膜加工することで、傷がつきにくく、また省エネにも効果を発揮することからご好評をいただいております。
2011年のフライパンの発売から始まり、2013年にガス火専用フライパン、2015年にグリルパン、2016年には調理なべを商品化し、加熱調理器具以外にもマグボトルの内面加工へ応用するなど、商品の拡充を行っています。
京セラは今後も、お客様のニーズにあった商品を企画 · 開発し、毎日のキッチンライフに豊かさを提供してまいります。

※「セラブリッド」は京セラ株式会社の登録商標です

トピックスは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページのお問い合わせ