稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

「『稲盛和夫の実学』をひもとく―原理原則に則り、物事の本質を追究する―」 鹿児島大学工学部 京セラ経営学講座(2002年12月11日、2003年7月7日) 「『稲盛和夫の実学』をひもとく―原理原則に則り、物事の本質を追究する―」 鹿児島大学工学部 京セラ経営学講座(2002年12月11日、2003年7月7日)

会計がわからんで経営ができるか

学生の皆さんも、生活する上で、入るお金と出るお金のバランスがどういう状況にあるのかを理解し、収支を合わせなくてはなりません。また会社経営でも、入るお金と使うお金のバランスが大切です。さらに国の財政も、どういう形でどのくらいお金が入り、公共事業にどのくらいの経費がかかり、収支は合っているのかが大切です。家庭から企業、国家のすべてにおいて、支出と収入のバランスをとるため、会計は重要なのです。

経営者の中には、会計を分からないまま経営をしている方もいます。しかし、本来はトップ自身が会計をわかっていなければなりません。現代の複雑なグローバル経済の中では、経営の実態を正確に把握し、的確な経営判断を下さなくてはなりません。そのためには、会計原則、会計処理に精通していることが前提となるのです。

「鹿児島大学工学部 京セラ経営学講座(2002年12月11日、2003年7月7日)」要旨

人は何のために生きるのか
なぜ経営に哲学が必要なのか
人と企業を成長発展に導くもの
西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿
『稲盛和夫の実学』をひもとく
アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす