稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

「アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす」 稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日) 「アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす」 稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日)

アメーバ経営の3つの目的 ー経営者意識を持つ人材の育成ー

会社が大きくなるに従い、会社全体をトップ一人で見ていくことが難しくなっていきます。そこで、組織を小さな単位に分けて、その小さなユニット・オペレーションのリーダーに、それぞれ経営責任をもってもらい、きめ細かく採算を見ていくようにしていかなければなりません。そのように各アメーバを独立した中小企業のような形にすることで、リーダーが中小企業の経営者のような意識を持つようになり、その結果、いわゆる共同経営者が育っていくことになります。

「稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日)」要旨

人は何のために生きるのか
なぜ経営に哲学が必要なのか
人と企業を成長発展に導くもの
西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿
『稲盛和夫の実学』をひもとく
アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす