稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

「アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす」 稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日) 「アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす」 稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日)

アメーバ経営の3つの目的 ー経営哲学をベースとした全員参加経営の実現ー

京セラ創業当時、日本では労使対立が激化していました。私は、経営者と労働者が同じ考え方、意識を共有することができるならば、労使間の対立は消えてなくなるに違いないと考え、「大家族主義」を京セラの経営哲学の骨格に据えました。そして、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献する」という大義名分を掲げることで、経営者のエゴ、労働者のエゴという対立構造を超えて、「全員参加の経営」を実現することができたのです。

「稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日)」要旨

人は何のために生きるのか
なぜ経営に哲学が必要なのか
人と企業を成長発展に導くもの
西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿
『稲盛和夫の実学』をひもとく
アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす