稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

「アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす」 稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日) 「アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす」 稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日)

リーダーにはフィロソフィが必要

アメーバ間の矛盾を解決するには、個の利益を追求しながらも、立場の違いを超えて、さらに高次元の判断ができるような、確固たる「哲学」が必要となってきます。そうした普遍的な哲学、フィロソフィが企業内で共有されていればこそ、アメーバリーダーは、自分たちだけよければいいという、悪い思いを払拭し、会社全体のために何をしなければならないかという、善い考えに立脚することができるのです。

また、リーダーとなるような人間は、元々利己的で自己主張の強い人間です。ともすれば悪さもしかねないような人間であるからこそ、普遍的なフィロソフィをもって、自分の行動を制御していく必要があるのです。つまり、自分を律する高い次元のフィロソフィを身につけることで、自分勝手な行動をできる限り抑え、アメーバ経営を正常に機能させていかなければなりません。

京セラグループの躍進の要因は、まさにこのようなフィロソフィに根ざしたアメーバ経営が世界の隅々まで浸透し、グローバルに実践されていることにあります。

「稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日)」要旨

人は何のために生きるのか
なぜ経営に哲学が必要なのか
人と企業を成長発展に導くもの
西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿
『稲盛和夫の実学』をひもとく
アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす