稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

「アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす」 稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日) 「アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす」 稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日)

講演での稲盛の発言

稲盛が講演で述べた言葉を、一部ご紹介いたします。

大きく肥大した組織になればなるほど、経営実態や無駄がわかりにくくなり、必要な経営改善の手が打てず、また誤った経営の舵取りを行ってしまうことで、せっかく成長させた企業を衰退させてしまうといった例が、後を絶ちません。急成長を続け、組織が日増しに拡大していく中で、少しでも無駄のない経営をはかるために、組織を細分化して、その組織ごとに月々の売上と経費の明細が迅速かつ明確にわかるようなシステムを構築し、その運用に努めることが必要です。

管理会計は、経営情報をステークホルダー向けに開示するための財務会計や、納税のために行う税務会計とは異なり、経営者が経営実態を把握し、その意思決定や業績管理に活用するための会計手法です。「アメーバ経営」は、経営の実践の中から生み出された、経営者が経営を行うための管理会計システムです。

経営者の強い思いとあふれるような情熱、そして誰にも負けない努力と絶えざる創意工夫があれば、企業は成長発展を遂げていきます。しかし、その急激な会社発展のかげで、組織が肥大化し、無駄が分からなくなり、どんぶり勘定に陥ってしまったりすることで、企業が衰退の道をたどり始めることが往々にしてあります。企業が発展を遂げ、その繁栄を長く持続するには、確固たる管理会計システムを確立し、それぞれの部門ごとに経営実態をリアルタイムで把握し、必要な手を迅速に打つことが絶対に必要です。

アメーバ経営を正常に機能させるには、リーダーが高邁なフィロソフィを持ち、すばらしい人間性を兼ね備えた人間でなければなりません。それも「まったき人格者」でなければなりません。「アメーバ経営」におけるリーダーとは、全人格的に優れた人間でなければならず、そのようなリーダーであってこそ、組織を永続的に発展させることができるのです。

「稲盛和夫経営哲学広州報告会(2011年9月25日)」より

人は何のために生きるのか
なぜ経営に哲学が必要なのか
人と企業を成長発展に導くもの
西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿
『稲盛和夫の実学』をひもとく
アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす