稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

「人と企業を成長発展に導くもの ー日本航空再建の真の要因と日本経済の再生について―」 第20回盛和塾世界大会(2012年7月19日) 「人と企業を成長発展に導くもの ー日本航空再建の真の要因と日本経済の再生について―」 第20回盛和塾世界大会(2012年7月19日)

アメーバ経営による組織改革

アメーバ経営による組織改革も功を奏しました。航空会社の経営を安定的なものにするためには、路線別また路便別に採算がわかるような仕組み、いわゆる「管理会計システム」が不可欠と考え、その構築に努めました。これにあたっては、私が京セラにおいて独自に編み出した「アメーバ経営」を、航空会社にも適用するようアレンジすることにしました。その結果、今では日本航空の全ての路線、路便ごとに、翌日には採算がわかるという、世界の航空会社にも類を見ない、精緻な管理会計システムを構築しています。

つまり、意識改革を果たした日本航空の幹部、社員が、そのような管理会計システムが示す、リアルな経営実態に基づき、自分たちで創意工夫しながら、経営を行うような体制に組織を改革したのです。

各部門の数字は、毎月の経営会議で、3日間にわたって発表されることになります。私はその発表を聞きながら、「あなたの部門はこうすべきだ。リーダーであるあなた自身はもっとこういうふうにしなさい」というように、経営指導に努めています。

この採算管理システムを導入したことが、社員の採算意識の向上を促し、組織風土を根本から変革させ、日本航空の経営改善にあたり、大きな効果を発揮したのです。

「第20回盛和塾世界大会(2012年7月19日)」要旨

人は何のために生きるのか
なぜ経営に哲学が必要なのか
人と企業を成長発展に導くもの
西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿
『稲盛和夫の実学』をひもとく
アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす