稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

「西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿」関東地区塾長例会(2007年12月11日)  「西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿」関東地区塾長例会(2007年12月11日) 

「南洲翁遺訓」に出合い、「無私」の大切さを知る

西郷南洲の思想をまとめた『南洲翁遺訓』には、リーダーのあるべき姿が語り尽くされています。その冒頭には、「廟堂(びょうどう)に立ちて大政を為すは天道を行うものなれば、些(ち)とも私を挟みては済まぬもの也」、つまり、トップに立つ者は天道を踏み行うものであって、少しでも自分を大切にする思いを差し挟んではならないと述べています。

トップに立つ人間が、個人という立場になったときに、組織をダメにしてしまう。常に組織に思いを馳せることができるような人、いわば自己犠牲を厭わないでできるような人でなければ、トップになってはならないということを、西郷南洲は教えてくれています。

「盛和塾 関東地区塾長例会(2007年12月11日)」要旨

人は何のために生きるのか
なぜ経営に哲学が必要なのか
人と企業を成長発展に導くもの
西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿
『稲盛和夫の実学』をひもとく
アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす