稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

「人は何のために生きるのか」愛媛市民フォーラム(2014年8月6日) 「人は何のために生きるのか」愛媛市民フォーラム(2014年8月6日)

善き思いは、万物を生成発展させる「宇宙の意志」に合致する

しかし、そうは思ってみても、理工系の大学を出て技術屋としてセラミックスの研究開発を行ってきた、合理的で理屈っぽい私は、なかなか因果の法則を信じ切ることができませんでした。そのような時に、天文物理学の先生から宇宙生成の理論を聞きました。

元々は素粒子のかたまりでしかなかった宇宙は、一瞬たりともとどまることなく生成発展を続け、137億年をかけて、ついには我々人類のような高等生物までを生み出してくれた。私はこの宇宙生成の話を聞いて、因果の法則の存在を信じられるようになりました。

すべてのものを慈しみ、優しく育てていく愛が充満している。また言葉を換えて言いますと、この宇宙にはすべてのものを慈しみ、よい方向へと育てていこうという「宇宙の意志」があると言ってもよいのかもしれません。森羅万象あらゆるものをよい方向へよい方向へと、幸せに生きていけるようにと推し進めている宇宙のなかに住んでいる我々人間も、この宇宙と同じような善き思いを抱き、実行したときには、必ずその人の運命はよい方向へと変化していくはずです。

「人は何のために生きるのか」愛媛市民フォーラム(2014年8月6日)要旨

この講演に関連する書籍

人は何のために生きるのか
なぜ経営に哲学が必要なのか
人と企業を成長発展に導くもの
西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿
『稲盛和夫の実学』をひもとく
アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす