稲盛和夫 OFFICIAL SITE

メニュー

「なぜ経営に哲学が必要なのか」盛和塾 ハワイ開塾記念(2010年1月20日) 「なぜ経営に哲学が必要なのか」盛和塾 ハワイ開塾記念(2010年1月20日)

京セラフィロソフィの根本にあるものは、「人間として何が正しいのか」

松風工業時代、私は仕事をするにはこういう考え方、心構えでなければならないと思いつくたびに、研究実験ノートの端にそれらを書き留めていきました。そして、のちに京セラを経営することになった時に、自分なりに仕事の要諦を書きためていたノートを引っ張り出してきて、経営に携わるようになってから気づいたことをさらに書き加えていきました。これが、私の経営哲学の原型であり「京セラフィロソフィ」なのです。

この京セラフィロソフィの根本にあるのは、「人間として何が正しいのか」ということであり、その正しい考え方を貫いていくということです。つまり、人間として最もベーシックな道徳、倫理をベースにしたものが京セラフィロソフィなのです。

「盛和塾ハワイ開塾式(2010年1月20日)」要旨

人は何のために生きるのか
なぜ経営に哲学が必要なのか
人と企業を成長発展に導くもの
西郷南洲に学ぶリーダーのあるべき姿
『稲盛和夫の実学』をひもとく
アメーバ経営が持続的な企業成長をもたらす