ニュースリリース

2018年

2018年07月26日

世界初※1、フルスペクトルのアクアリウムLED照明が登場

~サンゴの育成や水草の成長に適した光源を実現~

2018年07月26日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、当社のLED照明技術「CERAPHIC(セラフィック)」を採用した新製品として、「アクアリウムLED照明」を、本年8月中旬よりアクアリウム専門ショップにて販売開始いたします。
「CERAPHIC」は、京セラ独自の技術である紫色LEDとRGB蛍光体により光をつくりだす技術です。 この光の調合技術により、太陽光に非常に近い高演色な光や、再現したい光のスペクトルへのカスタマイズが可能となります。 「アクアリウムLED照明」では、地上、海中2.5m、海中11mの太陽光のスペクトルを再現した3種と、鑑賞用タイプを合わせた4種の照明を製品化。 サンゴや水草が実際に生息している環境に近づけることで、それぞれの生体の育成に適したLED照明となっています。
なお、アクアリウム用のLED照明において、ひとつのランプからフルスペクトルの光を発する商品は、本商品が世界初※1となります。

画像:アクアリウムLED照明
アクアリウムLED照明

■製品特長
1) 太陽光に非常に近く、生体にやさしい光を実現
本製品は、紫色LEDとRGB蛍光体調合技術「CERAPHIC®」により、太陽光に近い光を実現しています。 さらにスペクトルをカスタマイズし、サンゴや水草が実際に生息する環境の光を再現したLED照明です。

スペクトル分光分布図
画像:スペクトル分光分布図
※1 単一素子からフルスペクトルを発する、ホビー用アクアリウムLED照明において(2018年7月26日時点。京セラ調べ)
※2 ASTM(米国材料試験協会)のASTM-G173-03のスペクトルデータ引用


また、ひとつひとつのLED素子から太陽光に近いフルスペクトルの光を放ちます。色の分離がない均一な照明となるため、サンゴや生体へのストレスが少なく、長期の飼育に適しているLED照明と考えられます。
図:太陽光に非常に近く、生体にやさしい光を実現の説明図

2) 高出力
独自のセラミック材料を使ったLEDランプの採用により、LED光源自体がもつ優れた耐久性を実現。 また、空気の対流を利用した空冷機能により、高演出であっても高出力な照明を可能にしました。 海水近傍での使用を想定し、従来から故障の主要因となっていた可動部品(ファン)を使用せず、自然空冷で放熱できる構造にすることで、故障の原因を極力排除したロバスト設計を実現しています。

■製品ラインナップ
CSL-SMBB0000(Marine Blue)水深2.5mのスペクトルを再現した光
図:CSL-SMBB0000(Marine Blue)水深2.5mのスペクトルを再現した光

CSL-SABB0000(Aqua Blue)水深11mのスペクトルを再現した光
図:CSL-SABB0000(Aqua Blue)水深11mのスペクトルを再現した光

CSL-SDBB0000(Deep Blue)観賞用の深い青色の光
図:CSL-SDBB0000(Deep Blue)観賞用の深い青色の光

CSL-S50B0000(Natural White)地上の太陽光のスペクトルを再現した光
図:CSL-SABB0000(Aqua Blue)CSL-S50B0000(Natural White)地上の太陽光のスペクトルを再現した光

■製品仕様
重量1400g(灯具)、900g(電源)
サイズ本体:直径107mm/奥行き145mm
クリップ部分:幅110mm
入力電圧AC100V(50Hz/60Hz)
消費電力51.2W
価格オープン価格

■エンドースコメント
本製品に対して、以下のエンドースコメントをいただいております。

【国立大学法人静岡大学グリーン科学技術研究所 カサレト ベアトリス教授と共同研究者】
静岡大学では、さまざまな環境変化がサンゴに与える影響などについて、長年研究している。今回は、京セラの「アクアリウムLED照明」を利用し、水深の浅いところに生息するサンゴが、光源によって、どのような影響を受けるかについて実験した。
スペクトルのカスタマイズが可能な京セラのLED照明は太陽光に近い光を再現でき、2ヵ月後でもサンゴの外観の色は鮮やかに維持され、サンゴの成長に重要な褐虫藻の細胞数と健康度において、従来の光源より優れており、サンゴのストレス耐性と長期飼育に適している可能性が高いことが明らかになった。 また、近年問題となっているサンゴの白化のメカニズムの解明の実験などに大いに役立つと期待している。

【新江ノ島水族館 竹嶋 徹夫 館長】
2013年「水銀に関する水俣条約」が締結され、2020年以降、水銀製品の製造や輸入などが制限されるため、当館ではメタルハライドランプに替わる良質な光源を探していた。 従来のLED照明では、うまく育成できない海中生物も多く、大きな課題となっていた。
その中で、京セラのLED照明に出会い、通常LEDでは生育が困難であったアマモの生育実験に京セラのLED照明を使用したところ、非常に良好な結果を得ることができた。京セラのLED照明であれば、電力コストの大幅な削減と、海中生物の良好な飼育環境の実現の両立を期待できる。

※「CERAPHIC」(ロゴ)は京セラ株式会社の国内における登録商標です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ