ニュースリリース

2018年

2018年07月26日

京セラ独自のLED照明技術「CERAPHIC」ブランドロゴについて

2018年07月26日 NEW

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、現在、事業展開しているLED照明に関する技術ブランド「CERAPHIC(セラフィック)」について、新たにブランドロゴを導入し、今後、一層のLED照明事業の拡大を図ってまいりますのでお知らせいたします。

■ブランドロゴ
画像:ブランドロゴ

■ブランドロゴ「8つの円にこめた意味」
「CERAPHIC」とは、京セラ独自の技術である紫色LEDとRGB蛍光体により光をつくりだす技術のことです。 CERAPHICを採用したLED照明は、光の波長域が広く、紫色から赤色の様々な色の光を再現することができます。 そのため、太陽光に近似した生体に優しい光、景観に適した美しく高級感のある光など、光の質にこだわる人の多様なニーズに応える“価値ある光”を提供することができます。
「CERAPHIC」は、赤 · 橙 · 黄 · 緑 · 青 · 藍 · 紫の7つの光の波長から、自然な白色の光を再現しており、ロゴマークのドット1つ1つは、7つの波長と白色の光の8つの光を表しています。
円が等間隔に並ぶ様子は「CERAPHIC」を採用したLEDの配列をモチーフとし、中央のドットを囲む7つのドットは、頭文字のCを形成しています。

■「CERAPHIC」の特長
紫色LEDと蛍光体調合技術の組み合わせによって、太陽光に非常に近い高演色の照明や、お客様のご要望によって光をカスタマイズした照明などを実現できます。
説明図:一般的な青色LED説明図:「CERAPHIC(セラフィック)」採用の京セラ製LED

■主な採用事例
画像:手術灯LEDユニット
手術灯LEDユニット
画像:ワコール新京都ビルの演出用LED照明
ワコール新京都ビルの演出用LED照明
画像:(株)アルフレックスジャパン 照明器具LIGHT CONE
(株)アルフレックスジャパン
照明器具LIGHT CONE
画像:自動車塗装検査用照明
自動車塗装検査用照明

※「CERAPHIC」(ロゴ)は京セラ株式会社の国内における登録商標です。 

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ