ニュースリリース

2018年

2018年10月03日

京セラ独自のロック構造により、防水に対応

車載用防水対応電線分岐コネクタ「9715シリーズ」を製品化

2018年10月03日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、独自のロック構造により、防水に対応した車載用電線分岐コネクタ「9715シリーズ」を製品化し、本日より順次、サンプル出荷を開始しますので、お知らせいたします。

写真:防水対応電線分岐コネクタ「9715シリーズ」
防水対応電線分岐コネクタ「9715シリーズ」

製品名防水対応電線分岐コネクタ「9715シリーズ」
用途車載機器の電線分岐用途
サンプル出荷日2018年10月3日(水)
サンプル価格500円 (税別)

車載用電線分岐コネクタは、車両のメインハーネスから電線を分岐させ、カーナビやETC、ドライブレコーダーなどのパーツを取り付ける際にご使用いただく製品です。
京セラでは、1992年に電線分岐コネクタ「9215シリーズ」の販売を開始し、高い接触信頼性と独自構造による優れた作業性を、多くのお客様にご評価いただいてきました。 また、2014年には車両軽量化に取り組む自動車メーカー様のニーズにお応えし、業界に先駆けてアルミ電線対応の製品をラインアップに加えました。現在、先進運転支援システム(ADAS)やコネクテッドカーなど、自動車のエレクトロニクス化が進むなか、風雨や塵埃の影響を受ける車室外の苛酷な環境下でも使用可能なコネクタのニーズが高まっています。
新製品「9715シリーズ」は、そのニーズにお応えし、独自のハウジングロック構造とシール材の組み合わせで、自動車部品ワイヤハーネスコネクタの試験方法「JASO D616」の高圧洗浄や高温放置試験などの条件をクリアし、高い防水性と信頼性を実現しました。 さらに当社は、これらの製品群を、電線分岐コネクタの製品ブランド「Sheltap®」(シェルタップ)として立ち上げ、今後の自動車の進化に貢献するとともに、船舶や屋外監視カメラといった多様な市場での展開を図って参ります。

※ Japanese Automotive Standards Organizationの略称

本製品は、本年10月16日(火)~19日(金) 千葉幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」に出品予定です。

■防水対応電線分岐コネクタ「9715シリーズ」の特長
1. 独自のロック構造により、防水に対応
独自のハウジングロック構造とシール材を組み合わせることで、自動車部品ワイヤハーネスコネクタの試験方法「JASO D616」の高圧洗浄などの条件をクリアし、高い防水性と信頼性を実現しました。

2. 銅電線および車両の軽量化に貢献するアルミ電線にも対応
現在自動車ハーネスで多く利用されている銅電線はもちろん、銅電線に比べて約60%の重量であるアルミ電線にも対応し、車両の軽量化に貢献します。

3. 電線の前処理が不要で、優れた作業性を実現
電線の前処理(被覆剥き作業など)を必要とせず、電線を取り付けてヒンジ部を折り曲げ、汎用工具(プライヤーなど)で押さえるだけで簡単に組み立てできます。 電線の仮保持機構も備え、お客様の作業効率の向上に貢献します。
図:電線の前処理が不要で、優れた作業性を実現をイメージ図で説明

4. 環境に優しいRoHS指令対応製品

[製品仕様]
適応電線銅電線:AVSS0.5、CAVS0.5、CIVUS0.5
アルミ電線 :ALVUS0.75、ALVUS0.5、ALVSSH0.5
定格電流AC/DC 9A/Contact (銅電線0.5sq、アルミ電線0.75sq)
AC/DC 8A/Contact(アルミ電線0.5sq)
定格電圧AC/DC 125V/Contact
耐電圧AC 1,000Vrms/min.
使用温度範囲-40~+85℃

■Sheltap®(シェルタップ)について
ロゴ:Sheltap®(シェルタップ)
電線分岐コネクタシリーズの製品ブランド。 二枚貝(Shell)のように、ヒンジ部を折り曲げることで、容易に結線できる優れた作業性と、自動車市場で求められる高い信頼性を実現した製品群。

「Sheltap」および「シェルタップ」は、京セラの登録商標です。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

部品·デバイスの最新ニュース

このページのお問い合わせ