ニュースリリース

2019年

2019年01月21日

エネルギー地産地消の取り組みを本格化
亀岡ふるさとエナジー株式会社が市内メガソーラーより電力の買取開始

2019年01月21日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

亀岡市
亀岡ふるさとエナジー株式会社
京セラTCLソーラー合同会社
東京センチュリー株式会社
京セラ株式会社
亀岡市、亀岡商工会議所および地元金融機関等が出資する地域新電力会社である亀岡ふるさとエナジー株式会社(本社:京都府亀岡市)と、東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区)および京セラ株式会社(本社:京都府京都市)が共同出資する京セラTCLソーラー合同会社(本社:東京都千代田区)は、再生可能エネルギー引渡契約を締結しました。これにより、2019年1月1日より亀岡ふるさとエナジー株式会社は、京セラTCLソーラー合同会社が京阪メガソーラー株式会社(本社:京都府亀岡市)と共同で企画・開発した「京都・亀岡メガソーラー発電所」(所在地:京都府亀岡市 出力:3,000 kW)で発電された電力の買い取りを開始しました。
亀岡ふるさとエナジー株式会社は市内の公共施設を中心に約50施設(契約規模:約3,000 kW)に対して電力を供給していますが、このことにより供給する電力のうち約60%を亀岡市内で発電された再生可能エネルギーから調達することになります。亀岡ふるさとエナジー株式会社が設立当初から事業目的の一つとしていた、エネルギーの地産地消により地域活性化を目指す取り組みが本格化しました。
また、今回の連携をきっかけに、亀岡ふるさとエナジー株式会社と京セラTCLソーラー合同会社は地域貢献、地方創生、環境保全事業の推進等に向け協働し、今後も亀岡市の振興と発展に寄与してまいります。

製品写真:京都・亀岡メガソーラー発電所
京都・亀岡メガソーラー発電所



■「京都・亀岡メガソーラー発電所」の概要
所在地京都府亀岡市西別院町袖原東中山11他
事業主京セラTCLソーラー合同会社
最大発電出力3,000kW
年間予想発電量合計約3,890MWh (2018年実績)
運転開始日2016年6月2日

■「亀岡ふるさとエナジー株式会社」の概要
所在地京都府亀岡市安町野々神8番地
株主亀岡市(50.0%)
パシフィックパワー株式会社(28.75%)
亀岡商工会議所(5.0%)
株式会社京都銀行(5.0%)
京都信用金庫(3.75%)
京都中央信用金庫(3.75%)
京都北都信用金庫(3.75%)
役員代表取締役 桂川 孝裕(亀岡市長)
代表取締役 芦刈 義孝(パシフィックパワー株式会社 企画部長)
監査役    平城 芳晴(株式会社京都銀行 亀岡支店 支店長)

■京セラTCLソーラー合同会社
所在地東京都千代田区神田練塀町3番地
株主東京センチュリーリース株式会社(81.0%)
京セラ株式会社(19.0%)
代表社員東京センチュリー株式会社
職務執行者荻野 広明 (東京センチュリー株式会社 執行役員)

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境製品 (太陽光発電等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ