ニュースリリース

2019年

2019年03月26日

スマートファクトリーの実現に向け、生産技術開発の体制を強化

京セラ滋賀野洲工場に新工場棟を建設

2019年03月26日 NEW

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、ロボットやAI(人工知能)を活用した生産設備の自動化など、自社設備の開発体制の強化と製作スペースの拡張を目的に、2019年4月3日(水)より、新工場棟(29号ビル)の建設を開始しますのでお知らせいたします。
現在、当社では、作業の効率化や品質改善、将来的な人手不足への対応を図るため、AIやロボットなどの先端技術を活用し、各拠点の生産性倍増に向けた取り組みを進めています。さらに、生産プロセス改革による徹底的な原価低減により、高成長・高収益企業の実現をめざしています。
このたびの新棟建設は、その取り組みの一環として、大阪大東事業所にある生産プロセス・設備の研究開発拠点と、滋賀八日市工場にある各工場・事業所向けの生産設備製作拠点を滋賀野洲工場に集約し、開発・製作スペースを約2倍に拡張することで、よりスピーディな開発体制を確立していきます。
今後も、京セラグループでは、スマートファクトリーの実現に向け、先端技術を活用した生産設備の導入など、積極的な設備投資を継続してまいります。

写真:滋賀野洲工場 新工場棟(29号ビル)完成予想図
滋賀野洲工場 新工場棟(29号ビル)完成予想図


■ 新工場の概要
名称京セラ株式会社 滋賀野洲工場 29号ビル
所在地滋賀県野洲市市三宅800
投資総額約50億円
建築面積3,849 m2 (鉄骨、4階建)
延床面積13,305 m2
建設計画着工:2019年4月 操業:2020年4月予定
生産品目自社生産設備の開発・製作

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

経営·人事·財務情報の最新ニュース

このページのお問い合わせ