ニュースリリース

2019年

2019年03月27日

京セラと関西電力が新会社
「京セラ関電エナジー合同会社」を設立

太陽光発電システムを活用した新たなエネルギーサービス事業へ参入

2019年03月27日 NEW

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社
関西電力株式会社
京セラ株式会社(本社:京都府京都市、社長:谷本 秀夫、以下、京セラ)と関西電力株式会社(本店:大阪府大阪市、社長:岩根 茂樹、以下、関西電力)は、「京セラ関電エナジー合同会社」(以下、新会社)を設立することについて、本日合意しましたのでお知らせいたします。
両社は、2019年4月1日に新会社を設立し、太陽光発電システム※1を活用した新たな電力サービスについて、2019年秋ごろの開始を目指し準備を進めてまいります。

画像:京セラ関電エナジー合同会社のロゴイメージ


■新会社「京セラ関電エナジー合同会社」について
新会社は、京セラグループの高品質※2かつ長期信頼性※2を有する太陽光発電システムならびに施工・メンテナンス等に関する技術と、関西電力グループが長年培ってきたエネルギーサービスのノウハウという両社の経営リソースのシナジーを追求し、お客様へ新たなサービスを提供し、再生可能エネルギー市場での事業拡大を目指してまいります。

新サービスは、新築戸建住宅を中心※3にお客様が初期費用なしで、京セラ製太陽光発電システムを設置できるものです。 具体的には、新会社は、住宅の屋根に太陽光発電システムを設置するとともに、発電した電力と系統電力をお客様宅へ供給いたします。 原則10年の契約満了後は、お客様へ太陽光発電システムを無償譲渡いたします。 なお、新サービスは、関東および中部エリアを対象に2019年秋ごろの開始を予定しています。

※1 太陽電池パネル、パワーコンディショナなど。
※2 京セラ製太陽電池パネルは、第三者機関において製品品質に関して以下の認定を受けています。
・2011年 世界で初めてテュフ ラインランド社の「長期連続試験」認証を取得
・2012年 フラウンホーファーの高電圧負荷試験(耐PID試験)で「出力低下ゼロ」を実証
・2014年 塩害腐食耐性を測定するテュフ ラインランド社の塩水噴霧腐食試験に合格
・2016年 DNV GL社の信頼性調査において「トップ · パフォーマー」に認定
※3 太陽電池パネル設置容量10kW未満(太陽電池の公称最大出力の合計値またはパワーコンディショナの容量のいずれか低い値)が対象。 既築戸建住宅の場合は、条件により別途施工費用などが必要になる可能性があります。


■京セラ関電エナジー合同会社の事業スキームについて
イメージ画像:京セラ関電エナジー合同会社の事業スキームについて


  • 太陽光発電システムの無償設置:
    新築戸建住宅を中心に京セラ製の高品質な太陽光発電システムを無償で設置し、契約期間中は京セラの10年保証でメンテナンス対応
  • 電力供給:
    太陽光発電システムが発電した電力に加えて、不足分は系統電力を供給
  • 太陽光発電システムの無償譲渡:
    契約満了後(原則10年後)には、お客様に太陽光発電システムを無償譲渡


■新サービスのポイント(お客様のメリット)
①お客様は初期費用なしで太陽光発電システムを設置することが可能で、契約満了後には無償譲渡を受け、所有していただくことができます。
②契約期間中は、魅力を感じていただける料金で上記サービスをご提供いたします。
③万一の停電時には、自立運転機能※4により太陽光で発電する電気をご使用いただけます。

※4 自立運転の電源を使用する際は切り替え操作が必要です。 日射量や設置システムによって使用できる量が異なります。

■新会社設立の背景
家庭でのエネルギー消費量は、1970年代の石油危機から約2倍に増加し、現在では電力全体の15%を占めています。 経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数で、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を実現する」という目標を掲げています。
新会社は、お客様の初期費用なしで、太陽光発電システムを住宅に設置し、それにより発電した電力を供給することで、環境配慮型住宅の購入を促進し、省エネルギーや再生可能エネルギーの普及により、低炭素社会の実現に貢献してまいります。
京セラと関西電力は、今後より一層の拡大が見込まれる再生可能エネルギー市場において、新会社を通じて、それぞれの強みを活かし協力することにより、事業を拡大してまいります。

■「京セラ関電エナジー合同会社」の概要
社名京セラ関電エナジー合同会社
本社京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地(京セラ本社内)
事業内容太陽光発電システムの個人住宅屋根上への設置および売電
設立2019年4月1日予定
事業開始2019年秋ごろ予定(サービス提供開始)
代表社員京セラ株式会社、関西電力株式会社
職務執行者小谷野 俊秀
(京セラ株式会社 ソーラーエネルギー事業本部 副本部長)
大川 博巳
(関西電力株式会社 執行役員 営業本部 副本部長)
出資金10百万円(設立時)
出資比率京セラ株式会社51%、関西電力株式会社49%
役割京セラグループ:太陽光発電システムの製造・販売・設計・調達・施工・運用・保守等
関西電力グループ:電力供給等

■京セラ株式会社の概要
社名京セラ株式会社
本社京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地
設立1959年4月1日
資本金1,157億円(2018年3月期)
代表者代表取締役社長 谷本 秀夫
事業内容産業・自動車用部品、半導体関連部品、電子デバイス、通信機器、ソーラーエネルギー関連製品等の開発・製造・販売
売上高1兆5,770億円(2018年3月期:連結)
グループ従業員数75,940名(2018年3月31日現在:連結)
グループ企業265社(京セラ㈱含む。2018年3月31日現在)

■関西電力株式会社の概要
社名関西電力株式会社
本店大阪府大阪市北区中之島3丁目6番16号
設立1951年5月1日
資本金4,893億円
代表者取締役社長 岩根 茂樹
事業内容電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業 等
売上高3兆0,113億円 (2018年3月31日現在:連結)
従業員数20,848名(2018年3月31日現在)
グループ企業70社(2018年3月31日現在)

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

経営·人事·財務情報の最新ニュース

このページのお問い合わせ