ニュースリリース

2019年

2019年04月17日

オープンイノベーションの拠点を初めて中国に設置

「京セラ(中国)イノベーションセンター」を深センに開設

2019年04月17日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、中国の主要販売会社である「京セラ(中国)商貿有限公司」が中国広東省深セン市竜崗(りゅうこう)地区に、「京セラ(中国)イノベーションセンター」(以下、KCIC)を開設し、本日より運営を開始しましたのでお知らせいたします。 なお、中国において、オープンイノベーションの拠点を開設するのは、京セラ(中国)商貿有限公司として初めてとなります。
※京セラ(中国)商貿有限公司として中国で初めてとなります。
イメージ図:京セラ(中国)イノベーションセンターの外観と内観予想図
京セラ(中国)イノベーションセンターの外観と内観予想図


現在、当社グループは、上海、天津、東莞、珠海などに生産拠点を有し、主にセラミック部品、電子部品、半導体部品、自動車部品、機械工具など、中国において幅広いビジネスを展開しております。
このたび、政府、グローバル企業、教育機関、投資機関が集結する深セン市竜崗地区にKCICを開設することで、同地区の利点を最大限活用していきます。KCIC内には、最新の製品・技術を紹介する展示室のほか、オープン・クローズドに対応した技術交流スペースを設置し、情報発信の強化とオープンイノベーションの推進を図ります。
具体的には、京セラが持つ技術リソースを現地のスタートアップ企業などに提供することで、新規ビジネスを創出していくとともに、現地企業の成長や技術力の向上にも寄与してまいります。

■ KCICの概要
名称日本語:京セラ(中国)イノベーションセンター
英語:Kyocera China Innovation Center(KCIC)
中国語:京瓷(中国)创新中心
所在地深セン市竜崗地区龍城街道啓迪協信科技園5A-1-104
延床面積258.4 m2 
施設・京セラグループの最新製品・技術を紹介する展示室
・オープン・クローズドに対応した技術交流スペース

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

経営·人事·財務情報の最新ニュース

このページのお問い合わせ