ニュースリリース

2019年

2019年05月13日

快適な通話機能にこだわった「GRATINA(グラティーナ)」(KYF39)
多彩なカラーバリエーションで登場

2019年05月13日 NEW

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、au向けの新製品として、「GRATINA」(KYF39)を製品化しましたので、 お知らせします。本製品は、薄水色、桜色、綿雪、紺碧、墨の5色展開で、2019年5月末以降に発売される予定です。

写真:「GRATINA」(KYF39)
※画面はイメージです。
※画面のアプリは、お買い上げ時に表示されるアプリとは異なります。

商品名GRATINA(KYF39)
価格オープン価格
カラー薄水色、桜色、綿雪、紺碧、墨
発売元KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社

GRATINA(KYF39)は、写真やメッセージのやりとりが簡単にできるアプリ「LINE」や、これまでのショートメッセージ(SMS)が進化した「+メッセージ(プラスメッセージ)」に対応しています。 また、通話中の相手の声が聞き取りやすいように、スピーカー性能を兼ね備えたレシーバーや、通話相手の音声を自分が聞き取りやすいよう設定変更できる「聞こえ調整」機能を搭載するなど、快適な通話機能にこだわった新製品です。 さらに、耐衝撃・防水・防塵対応※1により、長く安心して使えます。

GRATINA(KYF39)の主な特長
1.使いやすさを追求したデザイン
コンパクトで手にフィットする形状とともに、約125gと、軽くて快適な持ち心地を実現。キーデザインは、見やすいようコントラストを効かせ、また押し間違いを防ぐためキーの間隔にゆとりを持たせています。

イメージ写真:使いやすさを追求したデザイン


2.コミュニケーションが深まる充実の機能
1)写真やメッセージのやりとりが簡単にできるアプリ「LINE」や、これまでのショートメッセージ(SMS)が進化した「+メッセージ」に対応しています。
※一部の機能がスマートフォン版とは異なります。
イメージ写真:コミュニケーションが深まる充実の機能

2)通話中の相手の声が聞き取りやすいように、スピーカー性能を備えたレシーバーを搭載。 また、スピーカーとマイクを同一面に設けているので、ハンズフリーでの通話品質も向上しました。

3)クリアで高音質な通話を実現するau VoLTEや、通話相手の音声を自分が聞き取りやすいよう「やわらかく」「はっきりと」など設定変更できる「聞こえ調整」機能に対応しており、快適に通話を楽しんでいただけます。

4)通話終了時に直前の通話内容を音声データとして録音ができる「あとから録音」機能を搭載しています。 大事な用件を忘れても、聞き直すことができます。
※事前に設定が必要です。
※1件あたり最大60分/50件まで録音可能(本体の空き容量に依存)


3.すぐれた耐久性
万一、ポケットやバッグから落としても壊れにくい耐衝撃性能※1。 また、外出時など、突然の雨や水回りでの作業中でも安心してお使いいただける防水・防塵※1設計です。 ついた汚れは、軽く洗い流すこともできます。

イメージ写真:コミュニケーションが深まる充実の機能


4.使い勝手を高める便利機能
1)通常のメインメニューから、よく使う機能をまとめたシンプルメニュー。 使いたい機能をより簡単に見つけることができます。

イメージ写真:通常のメインメニューから、よく使う機能をまとめたシンプルメニュー


2)充電がしやすく、シンプルでコンパクトデザインの卓上ホルダをご用意しました。 また、電池は満充電して使い続けることで、充電できる容量が減っていきますが、バッテリーケアモード※2では、最大容量の85%までにおさえる充電設定で電池を保護し、電池の負担を軽減します※3
なお、本製品はauのケータイで初となるUSB Type-C™対応です。

イメージ写真:充電がしやすく、シンプルでコンパクトデザインの卓上ホルダをご用意

■「GRATINA(グラティーナ)」(KYF39)の主な仕様
カラー薄水色/桜色/綿雪/紺碧/墨
サイズ(幅×高さ×厚さ)約51×112×17.4mm
重量約125g
バッテリー容量1,500mAh
充電時間約120分(TypeC共通ACアダプタ01/02[別売]使用時)
連続通話時間※4約610分(VoLTE)
連続待受時間※4約530時間(4G LTE)
au ICカード種類au Nano IC Card 04 LE
CPUMSM8909/1.1GHz×4コア
メモリ内蔵 ROM:8GB/RAM:1GB
外部 microSDHC™(最大32GB)
対応通信規格4G LTE™
最大通信速度※5受信最大150Mbps※6/送信最大50Mbps※7
ディスプレイ約3.4インチFWVGA TFT液晶
カメラ約800万画素CMOS
撮影サイズ静止画:最大3,264×2,448ドット(8M)
動画:最大1,280×720ドット(HD)
外部接続Wi-Fi®:IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth®:Ver.4.1
外部デバイス:USB Type-C※8
耐衝撃/防水/防塵※1耐衝撃(MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IV)
防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP5X)

※1:[耐衝撃、防水、防塵に関するご注意]【耐衝撃について】米国国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure Ⅳに準拠した規格において、高さ1.22mから合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験を実施しています。 全ての衝撃に対して保証するものではございません。 【防水・防塵について】IPX5/IPX8の防水、IP5Xの防塵性能。背面カバーは確実に取り付けてください。 海水・プール・温泉の中に浸けないでください。 砂浜などの上に置かないでください。 常温の水道水以外はかけないでください。 強い雨があたる環境での使用はしないでください。 ※IPX5とは、内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保つことです。 ※IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に静かに本製品を沈めた状態で約30分間、水底に放置しても本製品内部に浸水せず、電話機としての性能を保つことです。 ※IP5Xとは、防塵試験管内で電話機を8時間かくはんした際に、試験用粉塵(直径75μm以下)が電話機内部に入った場合でも所定の動作および安全性を保ちます。
※2:事前に設定が必要です。
※3:使用時間は充電された電池の容量に比例します。
※4:日本国内における、静止状態での平均的な利用可能時間です。実際にご利用になる地域や使用状況などにより短くなります。
※5:最大通信速度は通信規格やエリアなどにより異なります。最新のエリアはauのホームページをご確認ください。
※6:一部エリアを除きます。
※7:一部エリアで提供。 ※記載の通信サービスはいずれもベストエフォート型サービスです。 記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。 エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況により、通信速度が大幅に低下する場合があります。 通信速度は機器能力に依存します。通信速度は記載時点の最大通信速度であり、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。 また、テザリング時の通信速度は接続先の機器能力に依存します。
※8:3.5φイヤホンをご利用の際は、別売の京セラ3.5φType-C変換ケーブルをご使用ください。

※本機種は日本国内において3G通信はご利用いただけません。 ※EZwebサイトはご利用いただけません。 従来の3Gケータイでご利用していたコンテンツは継続してご利用いただけません。 また、お客さまご自身で退会手続きが必要です。
※「4G LTE」のサービス名称は、国際電気通信連合(ITU)がLTEを「4G」と呼称することを認めた声明に準じております。
※LTEはETSIの商標です。※Wi-Fi®はWi-Fi Allianceの商標または登録商標です。 ※Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.が所有する登録商標であり、京セラ株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。 ※microSDHC™はSD-3C,LLCの商標です。 ※USB Type-C™はUSB Implementers Forumの商標です。 ※「LINE」は、LINE株式会社の商標または登録商標です。 ※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。 ※地域によっては本製品を取り扱っていない場合があります。 ※製品仕様およびサービス内容は、予告なく変更することがあります。 ※画面はイメージです。 ※画面のアプリは、お買い上げ時に表示されるアプリとは異なります。


「GRATINA」(KYF39)の製品情報については、当社ホームページをご覧ください
https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/kyf39/

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ