ニュースリリース

2019年

2019年05月13日

圧倒的な強さ※1と、約2,400万画素※2の高精細なカメラ機能

高耐久スマホ「TORQUE® G04(トルク ジーゼロヨン)」登場

2019年05月13日 NEW

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、au向けの新製品として、高耐久スマートフォン「TORQUE® G04」を製品化しましたので、お知らせします。 本製品は、ブルー、レッド、ブラックの3色展開で、2019年8月以降にauより発売される予定です。
写真:TORQUE® G04
「TORQUE G04」(左からブルー、レッド、ブラック)

商品名TORQUE® G04
価格オープン価格
カラーブルー、レッド、ブラック
発売元KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社

新製品「TORQUE® G04」は、米国国防総省が定める耐久試験(MIL-STD-810G)22項目に、当社独自の耐久試験5項目(タンブル(連続落下)・鋼球落下・耐荷重・耐海水・温水シャワー)を加えた計27項目に準拠した、高耐久性能を特長とするスマートフォンです。 熱や気圧に影響されやすい仕事場や、土ぼこりや水はね、雪けむりが舞うフィールドなど、過酷な環境でも安心して使うことができます。
また、手ブレや暗所に強い約2,400万画素※2の高精細なアウトカメラに加え、臨場感あふれる映像の撮影を可能にした約800万画素の135°スーパーワイドアングルカメラや、撮影後にピントやぼかし具合を変更できる機能にも対応し、アウトドアでの撮影がより楽しくなるカメラ機能にこだわりました。
なお、2014年7月発売のG01から始まったau向けTORQUEシリーズは、ユーザーのみなさまにご愛顧いただき、本年5周年を迎えます。 京セラは今後も、みなさまに喜んでいただける製品開発に取り組んでまいります。

■「TORQUE® G04」の主な特長
1.MIL-STD-810Gの22項目に独自の耐久試験5項目を加えた計27項目に準拠
米国国防総省の調達基準に準拠した防水、防塵をはじめとする22項目の過酷な環境試験に加え、京セラ独自の耐衝撃(タンブル(連続落下)・鋼球落下)、耐荷重、耐海水の試験をクリア。 TORQUEシリーズ最強の堅牢性・耐久性を実現しています。 また、TORQUE G02、G03で好評の耐海水は、水深約2.0mに1時間耐えられる性能に向上し、新たに温水シャワー※3にも対応。 シュノーケリングでの使用や、海から上がった後にそのまま一緒に温水シャワーを浴びられます。
【米国国防総省の調達基準に準拠した22項目の耐久試験】
1 防水 風雨(1) 7 塩水耐久 13 低圧対応 低圧動作 19 温度耐久 低温動作
2 風雨(2) 8 耐衝撃 落下 14 低圧保管 20 低温保管
3 浸漬 9 衝撃 15 温度耐久 高温動作(1) 21 温度衝撃
4 雨滴 10 耐氷結 氷・低温雨 16 高温動作(2) 22 防湿
5 防塵 11 凍結-融解 17 高温保管(1)  
6 耐振動 12 耐日射 18 高温保管(2)

また、京セラ独自のガラス割れ防止構造「ハイブリッドシールド®」と端末をガードする四隅のコーナーバンパー、背面カバーを金属ネジでがっちりロックする構造で、万一の落下時も安心です。

2.手ブレや暗所にも強い、こだわりのカメラ機能
1)約2,400万画素の高精細画質
拡大しても、細部まで綺麗な約2,400万画素のアウトカメラを搭載。 また、約800万画素に進化した135°のスーパーワイドアングルカメラを搭載。 前機種より、さらに高精細でダイナミックな撮影が可能です。

イメージ写真:約2,400万画素の高精細画質を説明


2)暗所撮影が明るく鮮やかに
新開発のセンサーを採用し、光量の少ない暗所でも撮影対象の色味や質感を、より高感度で再現する暗所モードを搭載。 夜景やキャンドルライトなどもくっきりと撮影できます。

3)手軽に背景ぼかし
近距離ぼかし補正機能により、花やキャンプ料理などを接写する難しい撮影においても、ピント合わせと背景ぼかしを手軽に実現。 さらにピントを合わせたい箇所や、ぼかし具合を撮影後に変更できる機能も搭載しています。

イメージ写真:手軽に背景ぼかしを説明
背景ぼかし画像イメージ


4)進化したAction Overlay
速度、移動距離、経路情報、標高など、各種センサーが取得するデータをカメラ画面に表示して静止画や動画を撮影できる機能、「Action Overlay(アクションオーバーレイ)」。 これまでの「BASIC」モード、「FISHING」モードに加え、ロードバイクの撮影シーンに特化した「BIKE」モードも提供予定です。 さらに、「FISHING」モードではサイズの自動計測と、国内の海水魚・淡水魚の名前を判別、表示する機能にも対応する予定です

イメージ写真:進化したAction Overlayを説明

※「BIKE」モード、および「FISHING」モードの追加機能は、発売後のアップデートで対応予定です。

3.海、山、過酷な環境下でも自在に使える、卓越した操作性
1)Outdoor Portal(アウトドアポータル)

現在の方角、日の出時刻、潮の満ち引きなどアウトドア情報をカード形式で登録可能なアプリを搭載しています。 ホーム画面からフリックするだけで、必要な情報やアクティビティログをすぐに閲覧できます。
イメージ写真:アウトドアポータル画面イメージ
アウトドアポータル画面イメージ

2)大音量のフロントステレオスピーカーを搭載
ディスプレイの両端に配したスピーカーは、屋外の開けた空間でも音が聴き取りやすいように、100dB(3kHz)/10cmの大音量で響かせることが可能です。 Bluetooth®接続により、他の端末内の音源も鳴らすことができ、ポータブルスピーカーとしてもご使用いただけます。

3)ウェットタッチ®/グローブタッチ®
画面や手が濡れた状態でも使えるウェットタッチと、グローブを着けたままでも使えるグローブタッチに対応しています。 また、着信応答、アプリの起動、ウィジェットの切り替えなどにグローブを着けたままでも押しやすい大型のボタンを本体の側面に配置しています。
イメージ写真:ウェットタッチ®/グローブタッチ®を説明


■TORQUE×YAMAPコラボレーション企画について
携帯の電波が届かない山の中でも、スマートフォンだけで地図と現在位置が確認できる登山アプリ「YAMAP(ヤマップ)」とのコラボレーション企画として、登山を楽しむための専用アクセサリーを開発予定です。 詳細については、TORQUE スペシャルサイト(https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/torque/)にて告知予定です。

※企画内容は予告なく変更、また中止する場合がございます。

画像:TORQUE×YAMAPのロゴ


■「TORQUE® G04」(トルク ジーゼロヨン)の主な仕様
カラーブルー/レッド/ブラック
サイズ/重量約73(W)×約150(H)×約13.4(D)mm(暫定値)/ 約203g(暫定値)
バッテリー容量2,940mAh(暫定値)
充電時間測定中
ワイヤレス充電時間測定中
連続通話時間/連続待受時間※4測定中
au ICカード種類au Nano IC Card 04
OSAndroid™ 9 Pie/td>
CPUQualcomm® Snapdragon™ 660:2.2GHz/4コア+1.8GHz/4コア
メモリ内蔵 64GB(ROM)/4GB(RAM)
外部 microSDXC™/最大512GB
対応通信規格※54G LTE™/ WiMAX™2+
最大通信速度※6受信最大400Mbps※7/送信最大75Mbps※7
ディスプレイ約5.0インチ/FHD
カメラアウトカメラ:約2,400万画素+約800万画素(ワイド)
インカメラ: 約800万画素
外部接続Wi-Fi®:IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth®:Ver.5.0
外部デバイス/その他:USB Type-CTM
耐衝撃/防水/防塵耐衝撃(MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IV)
防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP6X)
付属品六角レンチ(試供品)、LOCK回転工具(試供品)
※1:米国国防総省の調達基準のうち耐久試験(MIL-STD-810G)22項目に準拠及び以下の京セラ独自試験(高さ約2.0mから鉄板・コンクリートに製品を26方向で落下させる試験、高さ約1.0mから連続落下させる試験、約100gの鋼球をディスプレイ面(中央)に落下させる試験、耐荷重・耐海水・温水シャワー試験)をクリアしたau初のスマートフォン(2019年4月24日現在、京セラ調べ)。 無故障を保証するものではありません。
※2:メインカメラのみ。
※3:京セラ独自にシャワーの温度程度のお湯(43℃以下)が端末にかかっても故障しないことを試験しています。 長時間のシャワーのご使用はしないでください。 お湯に浸けないでください。 シャンプーや石鹸などが付着した場合は、すぐに水道水で洗い流してください。
※4:日本国内における、静止状態での平均的な利用可能時間です。 実際にご利用になる地域や使用状況などにより短くなります。
※5:「4G LTE」「WiMAX 2+」は、スマートフォンの画面表示はいずれも「4G」となります。 また回線の混雑状況等に応じ、より混雑が少ないとKDDIが判断したネットワークに接続します。
※6:最大通信速度は通信規格やエリア等により異なります。 最新のエリアはauホームページをご確認ください。 記載の通信サービスはいずれもベストエフォート型サービスです。 記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。 エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況により、通信速度が大幅に低下する場合があります。 またテザリング時の通信速度は接続先の機器能力に依存します。 通信速度は記載時点の最大通信速度であり、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。
※7:全国(各都道府県一部エリア)で提供。

※【MIL-STD-810G、防水、防塵、耐荷重、耐海水、水中撮影に関するご注意】
<MIL-STD-810Gについて>米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の22項目に準拠した試験(Blowing Rain(風雨)降雨量1.7mm/min、6方向各30分間の降雨試験、風速18m/s環境下で30分間の降雨試験、Immersion(浸漬)約1.5mの水中に30分間浸漬する試験、Rain Drip(雨滴)高さ1m雨滴(15分)の防水試験、Sand and Dust(粉塵)連続6時間(風速8.9m/sec、濃度10.6g/m2)の粉塵試験、Shock(落下)高さ約1.22mから26方向で合板(ラワン材)に落下させる試験、Shock(衝撃)衝撃試験機に端末を取り付け、40Gの衝撃を6方向から3回与える試験、Vibration(振動)3時間(3方向各1時間/20~2,000Hz)の振動試験、Solar Radiation(太陽光照射)連続20時間1,120W/m2の日射後、4時間offを10日間繰り返す試験、Humidity(湿度)連続10日間(95%RH)の高湿度試験、High Temperature(高温動作/高温保管)動作環境:50℃で連続3時間の動作試験、32~49℃まで3サイクル温度変化させる動作試験、保管環境:60℃で連続4時間の高温耐久試験、30~60℃まで変化させる高温耐久試験、Low Temperature(低温動作/低温保管)動作環境:-21℃で連続3時間、保管環境:-30℃で連続4時間の低温耐久試験、Temperature Shock(温度衝撃)-21~50℃の急激な温度変化で連続3時間の温度耐久試験、Low Pressure(低圧動作/低圧保管)連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧動作/保管試験、Salt Fog(塩水噴霧)連続24時間の5%塩水噴霧後、24時間乾燥させる塩水耐久試験、Freeze-Thaw(凍結-融解)-10℃で結露や霧を発生させ1時間維持し、25℃、95%RHで動作を確認する試験、Icing/Freezing Rain(氷・低温雨)-10℃の冷却水で6mm厚の氷が張るまで氷結させる試験)を実施。 <耐衝撃について>MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IVに準拠した試験、および以下の京セラ独自試験(高さ約2.0mから鉄板・コンクリートに製品を26方向で落下させる試験、高さ約1.0mから連続落下させる試験、約100gの鋼球をディスプレイ面(中央)に落下させる試験)を実施しています。 全ての衝撃に対して保証するものではございません。<防水について>IPX5とは、内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保つことです。 IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深約2.0mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約60分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保つことです。 <防塵について>IP6Xとは、防塵試験用粉塵(直径75μm以下)が内部に入らないように保護されていることを意味します。 <耐荷重について>京セラ独自の耐久試験を実施。ボディ全体に約100kgfの面荷重が均等にかかっても電話機の性能を保つことを意味します。 <耐海水について>日本沿岸部を想定した海水で京セラ独自の耐久試験を実施。 水深約2.0mに約60分沈めても本製品内部に浸水せず、電話機の性能を保つこと。 全ての海水耐久に対して保証するものではございません。 <温水シャワーについて>京セラ独自にシャワーの温度程度のお湯(43℃以下)が端末にかかっても故障しないことを試験しています。 長時間のシャワーのご使用はしないでください。 お湯に浸けないでください。シャンプーや石鹸などが付着した場合は、すぐに水道水で洗い流してください。 ※パッキン部の収縮による浸水や結露のおそれがありますので、急激な温度変化は避けてください。 ※シャワーご使用後は、乾いた柔らかい布でふきとってください。 ※海水や砂、泥、ほこりなどの異物が本製品に付着するような場所で使用したときは、シャワーだけでは洗い流しきれず、そのまま使用すると故障の原因となる場合がありますので、取扱説明書に記載の「お手入れのしかた」を参考にお手入れを実施してください。<水中撮影について>IPX5/IPX8の防水性能及び海水で京セラ独自の耐久試験を実施。 約20kPa(水深最大2.0m)/60分を超えて使用しないでください。 全ての水中撮影に対して保証するものではございません。 なお、水中モードでの撮影は、ハードキー操作のみとなります。 水中に勢いよく飛び込むなど、本製品に衝撃を与えないでください。 ご使用の際は、USBカバー、背面カバーは確実に取り付けてください。 使用後は真水で洗い流し、しっかりと乾燥させてください。 耐海水及び水中撮影の詳細やご注意事項等はauホームページ(製品ページ)をご確認ください。 本製品の有する性能は試験環境下での確認であり、実際の使用時全ての状況での動作を保証するものではありません。 また、無破損・無故障を保証するものではありません。

※「TORQUE」、「ハイブリッドシールド」、「ウェットタッチ」、「グローブタッチ」、「ACTION OVERLAY」は京セラ株式会社の登録商標です。 ※「4G LTE」のサービス名称は、国際電気通信連合(ITU)がLTEを「4G」と呼称することを認めた声明に準じております。 ※LTEは、ETSIの商標です。 ※QualcommおよびSnapdragonは、米国およびその他の国々で登録されたQualcomm Incorporatedの商標です。 ※アイコン:フェリカネットワークス株式会社の商標はフェリカネットワークス株式会社の商標です。 ※FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。 ※Google、Android、Google Playおよびその他のマークは、Google LLCの商標です。 ※microSDXC™はSD-3C, LLCの商標です。※Bluetooth™ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、京セラ株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。 ※WiMAXは、WiMAX Forumの商標または登録商標です。※Wi-Fi®はWi-Fi Allianceの登録商標です。 ※画像エフェクト技術には株式会社モルフォの「Morpho Rapid Effect」を採用しております。 「Morpho Rapid Effect」は株式会社モルフォの登録商標です。 ※USB Type-CはUSB Implementers Forumの登録商標です。 ※その他社名および商品名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。


■「TORQUE® G04」の製品情報については、当社ホームページをご覧ください
https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/g04/

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

携帯電話·スマートフォンの最新ニュース

このページのお問い合わせ