ニュースリリース

2019年

2019年10月15日

世界初※1、脈波形状の変化で糖質を推定する「糖質ダイエットモニタ」

CEATEC AWARD 2019
スマートX部門にて準グランプリを受賞

2019年10月15日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、アジア最大級のIT技術とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC 2019」において、当社が新しく開発したデバイス「糖質ダイエットモニタ」が、「CEATEC AWARD 2019」のスマートX部門の準グランプリを受賞しましたので、お知らせいたします。
「糖質ダイエットモニタ」は、食事による脈波パターンの変化を利用して糖質代謝状態を推定する世界初※1のデバイスで、本日より開幕するCEATEC 2019の京セラブースでご覧いただけます。

写真:糖質ダイエットモニタを使った測定の様子
糖質ダイエットモニタを使った測定の様子


■糖質ダイエットモニタについて
京セラは、食事による脈波形状の変化と糖代謝レベルに相関があることに着目し、 ジャイロセンサを使って脈波形状を計測することで糖代謝状態を推定できる世界初※1のヘルスケアデバイスを開発しました。 小型でシンプルな構造のため気軽に使用でき、採血が不要なので衛生面でも安心です。 食事による健康管理や糖質制限ダイエットの効果確認など、健康維持や生活習慣病の予防に役立つ製品として、開発を進めてまいります。

■受賞理由
低価格で入手可能なジャイロセンサを用いた小型の脈波センサの開発により、低消費電力を実現しボタン電池での動作が可能となった。 同製品の普及・利用拡大により、生活習慣病の予防や医療費の削減にもつながる。脈波センサという独創的な発想をジャイロセンサ 技術で実現するとともに、脈波形状の変化と糖代謝の相関を発見するという知見で新たな市場を開拓した点を高く評価した。

<参考>
■CEATEC AWARD 2019
CEATEC AWARD 2019は、CEATEC 2019に展示される技術・製品・サービス等の中から、出展者が事前に応募した出展品・案件について、「CEATEC AWARD 2019 審査委員会」が学術的・技術的観点、市場性や将来性等の視点から、イノベーション性が高く優れていると評価できるものを審査・選考し、表彰するものです。 画像:CEATEC AWARD 2019

■京セラの展示ブース
ブースコンセプトは、"IoTでかなえたい未来へ"。IoTでより安心・安全、快適な社会の実現に貢献する京セラグループの最新テクノロジーを「モビリティ」、「共創」、「ネットワーク」、「エネルギー」、「人と暮らし」の5つのゾーンで紹介し、最新の製品やソリューションをデモ展示などで体感いただきます。

画像:CEATEC京セラブース

■CEATEC 2019 開催概要
会期2019年10月15日(火)~18日(金) 10:00~17:00
場所幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2‐1)
京セラブースデバイス&テクノロジー ホール7 小間番号 H020

※1 京セラ調べ(2019年10月15日現在)。ジャイロセンサを用いた橈骨動脈脈波センサとして

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

部品·デバイスの最新ニュース

このページのお問い合わせ