THE NEW VALUE FRONTIER
ソーシャルニュース

脱炭素社会の実現、持続可能な社会の発展を目指して

 
  •  
  •  
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin

京セラは、環境分野において世界的に権威のある国際的な非営利団体CDP(※)より、気候変動に対する取り組みや情報開示に優れた企業として、5,800社を超える対象企業の中から最高評価となる「気候変動Aリスト」の270社に初めて選定されました。
 
現在、京セラグループでは、気候変動対策を重要課題の一つと考えており、温室効果ガス排出削減量、再生可能エネルギー導入量の2030年度目標を設定し、積極的な活動を展開しています。
 
今回の初選定を受けて、今後も従来の枠にとらわれない新たな温室効果ガス削減対策を講じていくことで、脱炭素社会の実現、持続可能な社会の発展に貢献していきます。
 
◆京セラのニュースリリース
https://www.kyocera.co.jp/news/2020/1202_xmhp.html
 
※CDP (旧名称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)。2000年に英国で設立された国際非営利団体。機関投資家を代表し、世界の主要企業に「気候変動」や「水」、「森林」への対策などに関して、調査・評価を行う世界を代表するESG評価機関。
 
#京セラ #CDP #国際非営利団体 #気候変動 #気候変動Aリスト #初 #初選定 #ESG #ESG評価機関 #温室効果ガス #再生可能エネルギー #脱炭素社会 #持続可能
 

ニュースルーム関連記事

関連サイト各サイトへリンクされます

関連動画