THE NEW VALUE FRONTIER
ソーシャルニュース

社会課題解決に貢献するRFIDタグ

 
  •  
  •  
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin

皆さん、「RFID」って知っていますか?
 
RFIDとは、電波を使い非接触でデータの読み書きをすることができる技術で、交通系ICカードや商品管理のタグなどに使われています。
 
私たちが日常よく見かけるRFIDタグは樹脂やプラスチックなどでできているものが多いですが、京セラのRFIDタグはセラミックスでできています。
 
京セラのRFIDタグは積層セラミックを使っており、セラミック多層化によりアンテナを基板内に内蔵しています。金属製の手術器具や工具にも取り付けることができ、個数確認などが容易となり、紛失防止にも役立ちます。
 
また、京セラではこのRFIDを使い、「スマート白杖を用いた視覚障がい者歩行支援システム」の実用化に向けた開発も進めています。
https://www.kyocera.co.jp/rd-openinnovation/beta-project/poc_va_system.html
 
現在の社会課題解決に向けて、さまざまな用途での活用が期待される「セラミック小型RFIDタグ」。ぜひ一度ご覧ください。
 
◆「セラミック小型RFIDタグ」の詳細はコチラ
https://www.kyocera.co.jp/prdct/semicon/semi/rfid/index.html
 
◆ 知財ニュース「製造業や医療業のスマートワークを後押しする 京セラの高性能『セラミックRFIDタグ』」
https://www.kyocera.co.jp/intellectual-property/news/2020/06-05-138.html
 

ニュースルーム関連記事

関連サイト各サイトへリンクされます

関連動画