THE NEW VALUE FRONTIER
ソーシャルニュース

画像認識型「スマート無人レジシステム」を開発

 
  •  
  •  
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin
日本国内の小売店やコンビニエンスストアなどでは、労働人口の減少による店舗運営の効率化、省人化が課題になっています。また、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、店舗内での対人接触機会の削減も求められています。
 
このような社会課題を解決するため、当社の研究開発本部 先進技術研究所は、独自の画像認識型「スマート無人レジシステム」を開発しました!
 
このシステムは、1台のカメラで重なり合った複数の商品を即座に認識することができ、利用者負担の軽減を図ることができます。
 
さらに、新規商品登録時の学習時間を従来の方法に比べ、大幅に削減することが可能となり、店舗運営の効率化や対人接触機会の削減にも貢献します。
 
これからも、京セラが培ってきたさまざまな技術で、社会課題の解決に寄与していきます!
 
◆ カメラ1台でOK! 京セラの物体認識AI技術
https://www.kyocera.co.jp/rd-openinnovation/catalog/auto_regi.html

ニュースルーム関連記事

関連サイト各サイトへリンクされます

関連動画