THE NEW VALUE FRONTIER
ソーシャルニュース

AI画像分析による自動排水監視システムを導入

 
  •  
  •  
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin
8月1日は「水の日」。「水」は、私たちを含めた生物すべてが生きていくために不可欠なものであり、SDGsでも安全な水に関する達成目標が掲げられています。
 
産業分野で使用される水は、施設内において国の定める排水基準を満たすよう適切に処理し、人と環境に与える影響を最小限に抑えなければなりません。
 
当社と当社グループの京セラコミュニケーションシステム(KCCS)、Ristは、京セラ滋賀野洲工場の排水処理設備で、カメラを用いた排水センシングシステムとRist独自のAI画像分析技術を用いて、排水処理状態をリアルタイムに自動で良否判定を行う「AI自動排水監視システム(Deep Inspection Liquid)」を導入し、7月から本格運用を開始しています。
 
KCCSとRistは、排水処理だけでなく、「水」を取り扱うさまざまな現場に対応可能な処理監視ソリューションの研究開発を加速させ、社会課題の解決に貢献していきます!
 
◆ Rist 「Deep Inspection Liquid」の詳細はこちら
https://www.rist.co.jp/service/di-liquid/

ニュースルーム関連記事

関連サイト各サイトへリンクされます

関連動画