THE NEW VALUE FRONTIER
ソーシャルニュース

切れ味の秘密をちょっとだけ

 
  •  
  •  
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin
11月8日は「刃物の日」です。いい(11)、刃(8)の語呂合わせが良いことから、「刃物の日」として全国の主要な刃物産地が制定した記念日であることが由来だそうです。
 
今日はこの「刃物の日」にちなみ、京セラ製セラミックナイフの切れ味の秘密について、ちょっとだけお教えしますね(^_-)-☆
 
★京セラ製セラミックナイフの切れ味の秘密とは?
1. 硬いセラミック刃に命を吹き込む最終の刃付け加工は、一本一本、熟練工の手作業で行っています
2. スッと切れる切り心地を感じることができる「ハマグリ刃」の加工をしています
3. 出荷前に一本一本、セラミックナイフで紙を切る試験を行い、品質確認をしています
京セラの紙切り試験の動画はコチラ : https://youtu.be/mBd5HOxjpT0
 
京セラがセラミックナイフの販売を開始して、35年以上が経ちました。これからも皆さんの日々の調理シーンが楽しく、豊かなものになるよう、ニーズに応えたセラミックキッチン用品の開発、製造を続けていきます!
 
◆ 京セラ製セラミックナイフの詳細はコチラ
https://www.kyocera.co.jp/prdct/kitchen/fine_ceramics/knife/index.html