THE NEW VALUE FRONTIER
ソーシャルニュース

ITSを活用した安全運転支援の実証実験をご紹介!

 
  •  
  •  
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin
京セラでは、安全運転支援に向け無線路側機などの開発をおこなっていますが、これら技術などを活用して、関西電力送配電、神姫バスほかパートナー企業とともに、兵庫県姫路市内の路線バスで高度道路交通システム(ITS)を活用した安全運転支援の実証実験を実施しました。
 
実証実験は、姫路市内の神姫バスが運行する路線バスルートの中の信号がなく見通しの悪い交差点で実施。交差点に侵入する自転車や人を事前に検知し、検知したデータをバス側に送信し、衝突の危険性がある場合は運転者へ通知することで、衝突の危険性を回避。これにより、出会い頭の衝突事故防止への有効性を検証しました。
 
私たちは、交通事故で多い出会い頭の事故を未然に防ぐため、ITSを活用したスマートな街づくりに貢献したいと思います。
 
神姫バス、関西電力送配電、京セラの3社のそれぞれの担当者がこの実証実験の内容や思いについて紹介していますので、その詳細をぜひ「京セラが考えるスマートシティ」サイトでご覧ください。
 
◆京セラが考えるスマートシティ
https://www.kyocera.co.jp/smartcity/i2x/
 

ニュースルーム関連記事

関連サイト各サイトへリンクされます

関連動画