THE NEW VALUE FRONTIER
ソーシャルニュース

始まりは過酷なモーターレース「ダカール・ラリー」!?

 
  •  
  •  
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin
京セラは、リモートリハビリや診療をサポートする「ヘッドセット型ウェアラブルシステム」を開発。社会課題の解決に貢献すべく、さらなる研究開発を続けています。
 
このシステムは、耳たぶからバイタルデータ(血中酸素飽和度【Sp02】など)をリアルタイムに取得、医師に送信するのと同時に、患者さんは骨伝導で医師の声を聞けるというもの。リモートリハビリだけでなく、昨今のコロナ禍でのリモート診療でも需要が見込まれています。
 
システムの開発秘話や今後の医療・介護現場への応用などの話が、みんなの介護「ビジョナリーの声を聴け」で紹介されています。ぜひご覧ください(^^)/
 
◆ みんなの介護「ビジョナリーの声を聴け」
https://www.minnanokaigo.com/news/visionary/no71/
 
◆ 京セラ「オープンイノベーションアリーナ」
https://www.kyocera.co.jp/rd-openinnovation/catalog/post_42.html
 

ニュースルーム関連記事

関連サイト各サイトへリンクされます

関連動画