THE NEW VALUE FRONTIER
ソーシャルニュース

アクアリウム×アートを演出する、自然光に近い光

 
  •  
  •  
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin
神戸に誕生した、アートと生きものたちが共存する不思議な世界。アクアリウムとアートが融合した新感覚の都市型水族館「アトア(átoa)」って、ご存じですか?
 
https://atoa-kobe.jp/
 
この「アトア」の『ELEMENTS / 精霊の森』『GALLERY / 探求の回廊』では、自然光に近似した生体に優しい光を提供できる高演色LED「CERAPHIC®」が、動植物の生育に、また、見る者を魅了するアートへと生かされています。
 
アトアのスタッフの方からは、「光が当たっている部分の植物がよく生育するのですが、逆に当たらない部分の生育を促すために、ライトの当て方を都度調整する工夫をしています。また、育てるのが難しいミドリイシサンゴなのですが、水深2.5mの光を再現できたことで、アトアでは本物を育てることができています。ぜひ本物のミドリイシサンゴを見に来てください」とのお話をいただきました。
 
◆ 「CERAPHIC®」の詳細はコチラ
https://www.kyocera.co.jp/prdct/led-lighting/ceraphic/case-product/index.html
 

ニュースルーム関連記事

関連サイト各サイトへリンクされます

関連動画