THE NEW VALUE FRONTIER
ソーシャルニュース

環境月間と京セラの身近な取り組み

 
  •  
  •  
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin
1972年、スウェーデンのストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念し、日本では6月が環境月間と定められました。
 
京セラも、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)に取り組んでいます。今回は、セラミックキッチン用品事業における、私たちの取り組みの一部を紹介しますね(^_-)-☆
 
◇ 使用済みタンブラー回収・フライパン回収リサイクルキャンペーンの実施(2021年実施)
◇ セラミックナイフの刃の切れ味を復活させ、長く製品を利用できる研ぎ直しサービス
 
このたび、ハンドル部分にサトウキビ由来の素材、バイオポリエチレンを使用したセラミックナイフを「京セラキッチンオンラインストア」にて数量限定で販売します。
本製品は、全て紙製のオールカートンパッケージを採用。環境負荷の軽減を実現しています!
 
◆「京セラキッチンオンラインストア」
https://kyocera-kitchen.com/
 

ニュースルーム関連記事

関連サイト各サイトへリンクされます

関連動画