THE NEW VALUE FRONTIER
ソーシャルニュース

この夏休み、土のアートに会いに来ませんか?

 
  •  
  •  
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin
「土器」「陶器」「磁器」「ガラス」「セメント」は同じ仲間なんですが、皆さん、何か分かりますか?
 
実は、これらは全て「セラミックス」の仲間なんです。
 
やきものの里、滋賀県の信楽(しがらき)にある、滋賀県立陶芸の森では「土に託されたきらめき ~ 子どもたち×アーティスト/セラミックス最先端」と題した展覧会を、2022年9月4日(日)まで開催しています(^^)/
 
https://www.sccp.jp/exhibitions/15902/
 
県内小中学校、高校の子どもたちが作った陶芸作品や、岡本太郎をはじめとした陶芸家・アーティストたちの作品が多数展示されています。
 
陶芸の森 学芸員の方からは「子どもたちのひらめきから生まれた作品をはじめ、アーティストたちの土の魅力を生かした個性豊かな作品を展示しています。また、滋賀県内に工場がある企業に協力をいただき、暮らしを支えるセラミックスも展示。特に京セラブースでは、展示品を照らす照明も京セラ製LED『CERAPHIC』を使っています」とのお話をいただきました。
 
◆ 京セラ「ファインセラミックスワールド」
https://www.kyocera.co.jp/fcworld/index.html
 

ニュースルーム関連記事

関連サイト各サイトへリンクされます

関連動画