電子部品

環境対応

環境対応製品

RoHS指令とは

EU(欧州連合)内で取り扱う電気・電子機器用材料、電子部品について、製品に規定量以上の特定化学物質の使用を禁止する指令。 2019 年7 月22 日から欧州RoHS 指令にてフタル酸エステル系物質の4 物質(DEHP、DIBP、DBP、BBP)が禁止物質として、新規追加されます。

規制開始 物質名 規制値:閾値
2006年7月1日 カドミウム(Cd) 0.01wt%(100ppm)
鉛(Pb) 0.1wt%(1000ppm)
水銀(Hg)
六価クロム(CrVI)
PBB ポリ臭素化ビフェニル
PBDE ポリ臭素化ジフェニルエーテル
2019年7月22日 DEHP フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) 0.1wt%(1000ppm)
BBP ベンジルビチルフタレート
DBP ジブチルフタレート
DIBP ジイソブチルフタレート
フタル酸エステル類とは
フタル酸とアルコールがエステル結合した化合物の総称です。主に塩化ビニルなどプラスチックを柔らかくするための添加剤(可塑剤)として用いられます。
フタル酸エステル類の電気電子機器特有の主な用途
PVC(ポリ塩化ビニル)被覆ケーブルや被覆スリーブなどの配線部品です。その他にも外装や基板などに用いられるゴムやテープ、フィルム、リール、静電マット、コンベアベルトなどのあらゆる軟質樹脂部品に含まれる可能性があります。
フタル酸エステル類の特徴
フタル酸エステル類には、接触により他の製品に移行する性質(転写)があります。 このため、従来のRoHS 規制6 物質と同等の考えでは誤って製品に付着する可能性があることから、製造工程で製品に接触する副資材や治工具類の管理が必要になります。

鉛フリーめっきへの取り組み

2006年7月1日より施行されたRoHS指令に対応するため、鉛フリー製品の開発を行っています。 金めっき・錫めっき製品はもとより、ウィスカの発生を抑制した錫銅2層めっきの量産体制を、業界でいち早く確立しました。(2004年1月より量産開始)
錫銅2層めっきでは、無光沢と半光沢の2つの錫銅めっき構造により、 外部応力を分散、緩和させることでウィスカの発生を抑制しています。詳細は以下PDFをご覧下さい。

管理体制

環境負荷物質の管理に関して、「環境負荷物質を持ち込まない設計」、「環境負荷物質を持ち込まない製造」及び「環境負荷物質を出荷しない管理」の徹底に取り組んでおります。

1. 環境負荷物質を持ち込まない設計
製品に使用される部材は、設計・開発に先立って環境負荷物質が含有されていないことが検証されたものだけをデータベースに登録しております。設計・開発では、このデータベースに登録された部材を使用して設計・開発を行う仕組みとなっており、 徹底した「禁止物質を持ち込まない設計」を実現しております
2. 環境負荷物質を持ち込まない製造
製品生産工程においては、購入する部材はもとより、徹底した管理の下、環境負荷物質を持ち込まない生産体制で、「製品に環境負荷物質を含有させない」、「製品に環境負荷物質を付着させない」ことの徹底に努めております。特に生産工程では様々な副資材が使われますが、それらは環境負荷物質が含有されていない事が検証されたものだけを使用しています。
3. 環境負荷物質を出荷しない管理
「環境負荷物質を持ち込まない設計」及び「環境負荷物質を持ち込まない製造」により生産された製品を定期的に検証し、「禁止物質を出荷しない管理」に努めております。

管理基準

コネクタをその構成部品であるインシュレータ、コンタクト及びその他に分解し、各々に禁止物質が規定値以上含まれていない事を検証しています

RoHS対応品の検索方法

型番またはシリーズ名から検索

右側ナビゲーションの設計支援ツール「コネクタRoHS対応/梱包仕様検索」をクリック、型番(6桁以上)または、シリーズ名(4桁)より型番毎に、RoHS対応状況をご確認いただけます。

シリーズ毎の対応極数から検索

各シリーズ製品ページの「極数別対応型番一覧」より、ご要望の極数別にRoHS対応状況をご確認いただけます。

製品・技術に関するご相談はこちらまで

まずはお問い合わせください。専任担当が丁寧に対応いたします。

お電話・メールでのお問い合わせ