電子部品

特集 フローティングコネクタ

Floating

概要:フローティングコネクタとは

フローティング (Floating) とは、浮かぶという意味です。フローティングコネクタは、右図の緑に色付けした部分のインシュレータが、浮かんでいるような構造をしています。
一般的なリジッド(可動域を持たない)コネクタは基板への搭載位置がずれると嵌合ができませんが、フローティングコネクタはその位置がずれていても、ずれている位置までインシュレータ(緑部分)が可動し、正常の位置にて嵌合することが可能です。そのため、基板にコネクタを実装する際に生じるズレや基板と筐体間の取り付けズレを吸収することができます。

使用するメリット

フローティングコネクタを使用すると、
① 同一基板上でコネクタを複数個使用することが可能です。
②レイアウト・回路設計の自由度が向上します。
③はんだ接合部へのストレスを軽減し、はんだクラックを抑制します。
京セラのフローティングコネクタは最大F/P※1=200%の可動を可能とし、高い接触信頼性でお客様の設計時のお悩みを解決します。
※1F/P・・・F= Floating(フローティング量)/P=Pitch(ピッチ)

フローティングコネクタの構造

側面から(Y方向に可動)              上面から(X、Y方向へ斜めに可動)

FloatingFloatingFloatingFloatingFloating

コネクタの断面(青枠内)を表しています。


コンタクトのばね部が伸び縮みし、緑のインシュレータの可動部が追従します。X、Y方向またθ方向にも可動します。

製品ラインアップ:京セラのフローティングコネクタ

シリーズ
(詳細ページ)
ピッチフローティング量基板間高さ極数接続形態
8152
→詳細へ
0.4mm ±0.4mm 3.5mm 20~40 ST-ST
5655
→詳細へ
0.5mm ±0.5mm 4.0, 5.0, 6.0, 7.0mm 10~100 ST-ST
5652
→詳細へ
0.5mm ±0.85mm 14.0~30.0mm 10~180 ST-ST
5656
→詳細へ
0.5mm ±1.0mm 17.0mm 40~60 ST-ST
ST-RA
5689
→詳細へ
0.635mm ±0.5mm 8.0mm 40 ST-ST
5690
→詳細へ
0.635mm ±0.5mm 11.75/12.75mm 30~80 ST-ST
ST-RA

映像で見る:フローティングコネクタ【5656シリーズ/5655シリーズ】


ブランドのご紹介

FloXY(フロクシー)とは フローティング機構付き基板対基板(Board to Board)コネクタシリーズの製品ブランドです。基板の実装ずれや嵌合時の位置ずれ(オフセット)をX,Y方向に可動して吸収することにより、車載・産機市場で求められる高い信頼性を実現した製品群。16Gbps以上の高速伝送規格対応タイプは「HS」を付加します。

製品トピックス

製品・技術に関するご相談はこちらまで

まずはお問い合わせください。専任担当が丁寧に対応いたします。