電子部品

特集 ロボット組立対応 6810シリーズ

ロボット組立対応 6810シリーズ
  • 映像で見る
  • 開発の背景
  • 製品詳細
  • AOI対応

映像で見る

開発の背景

開発の背景

昨今、製造現場において産業用ロボットによる工程の自動化が進んでおりますが、これまでの主なロック付きFPC/FFCコネクタは、FPC/FFC挿入後にロック操作を行う必要があるため、作業員による組立作業が一般的でした。 本製品は、産業用ロボットによる工程の自動化に対応したワンアクションタイプのロック付きFPC/FFCコネクタです。 独自のロック構造により、FPC/FFCを挿入する1つの動作(ワンアクション)だけで自動でロックがかかる良好な作業性を実現しました。

製品紹介

6810シリーズは、産業用ロボットによる工程の自動化に対応したワンアクションタイプのロック付きFPC/FFCコネクタです。


開発の背景

FPC/FFCを挿入するだけでコネクタ両端のバネが、アクチュエータの回転を補助し、完全嵌合状態になると自動でロックがかかるしくみになっています。 FPC/FFC抜去時は、アクチュエータのタブを押さえながら引き抜く操作が必要なため、ロックが解除された状態のままになってしまうことがなく、操作ミスや意図しない接触によるFPC/FFCの抜けを防ぐ高信頼設計です。 この構造により良好な作業性と確実な接続を両立しました。

AOI対応

アクチュエータで嵌合不具合が検知できるので、目視での確認はもちろん、AOI(自動光学検査装置)による判定ができ、半嵌合品の流出対策に貢献します。

topics_6810_img2.png

製品トピックス

製品・技術に関するご相談はこちらまで

まずはお問い合わせください。専任担当が丁寧に対応いたします。