電子部品

特集 防水電線分岐コネクタ 9715シリーズ

防水分岐コネクタ 9715シリーズ
  • 製品紹介
  • 車両軽量化への貢献
  • 取付方法
  • 姉妹品のご紹介

製品紹介

9715シリーズは、独自のハウジングロック構造とシール材の組み合わせで、自動車部品ワイヤハーネスコネクタの試験方法「JASO D616」の高圧洗浄や高温放置試験などの条件をクリアし、高い防水性と信頼性を実現しました。 高い防水性を実現したことで、車室外のメインハーネスから電線を直接分岐させることが可能となり、車室外のアフターパーツ取付において作業時間の削減及び、取り付け位置の自由度向上に貢献したコネクタです。

高い防水シール性を実現し、水や塵埃の影響を受ける車室外パーツの追加にも使用可能

車両軽量化への貢献

細線やアルミ電線へ対応し、車載ハーネス重量の削減に貢献します。

9715シリーズは、自動車ハーネスで一般的に使用されている銅電線はもちろん、車両軽量化により注目されているアルミ電線にも対応した電線分岐コネクタです。
アルミ電線と銅電線には導電率に違いがあり、同じ電流を流すためには、1サイズアップした電線を使用する必要があります。(例:0.5sqの銅電線と同じ電流を流すためには、アルミ電線は0.75sqにする必要があります。)しかしながら1サイズアップした電線を使用する場合でも約60%の重量となり、車両の軽量化に貢献することができます。 電線被覆サイズにより前後します。 aluminum_advantages.png

取付方法

電線の前処理(被覆剥き作業など)を必要とせず、電線を取り付けてヒンジ部で折り曲げ、汎用工具(プライヤーなど)で押さえるだけ、約30秒で簡単に組み立て可能です。 電線の仮保持機構を備え、嵌合前は容易に取り付け位置の変更が可能なため、自動車アフターパーツ取り付けの作業効率向上させることが可能です。

防水電線分岐コネクタ取扱説明動画

電線分岐コネクタブランドのご紹介

シェルタップ®とは京セラ電線分岐コネクタシリーズの製品ブランドです。 二枚貝(Shell)のように、ヒンジ部を折り曲げることで、容易に結線できる優れた作業性と、自動車市場で求められる高い信頼性を実現した製品群です。

「Sheltap」および「シェルタップ」は、京セラの登録商標です。

シェルタップ® 電線分岐コネクタ

製品トピックス

製品・技術に関するご相談はこちらまで

まずはお問い合わせください。専任担当が丁寧に対応いたします。