KYOCERA THE NEW VALUE FRONTIER

閉じる

気密端子(多ピン端子)

高度な'セラミック × 金属接合技術'から生まれた多ピンタイプ端子

気密端子は、ハーメチックシールなどとも呼ばれ、主にチャンバー内外の信号や電流の導入口として使用されています。京セラは放射光 · 航空宇宙などの超高真空環境下で、長年の経験を蓄積したセラミック-金属接合技術による、各種コネクターを取り揃えています。マルチピンコネクターの仕様に適合した標準品です。放射光 · 核融合などの科学技術関連装置をはじめとして、半導体製造装置などの産業用製造装置まで、幅広いアプリケーションでご使用頂いております。

標準品を取り揃えております、詳細は「超高真空用部品」カタログをご覧ください。フランジ付、また、プラグ · ピン · インサートなどの周辺部品も合わせてお問い合わせ下さい。

特性

  • 気密性
  • 接合技術

製品データ

材質
メタライズ部品
気密度
1.3×10-10 Pa·m3/s
温度
低温温度:-196℃ 高温温度:450℃
* 弊社での基礎評価、判定基準に基づいた参考値です。製品の形状や使用状況により異なる場合があります。

特長

Bayonet Lock Series (Burndy)

バイヨネットタイプで容易に脱着が可能な多ピン端子で、バイヨネット用のボスがあるのが特徴です。

MS Series

MIL 規格準拠のプラグと組合せが可能な多ピン端子で、ネジ山の加工が施されています。

用途

  • 理化学・分析装置

  • 真空装置

  • 半導体製造装置

  • 科学技術関連装置

カタログ・技術データ ダウンロード

ファインセラミックス部品専用はこちら

ファインセラミックス部品専用はこちら

E-mail
webmaster.fc@kyocera.jp