KYOCERA THE NEW VALUE FRONTIER

閉じる

高周波窓用セラミックス(RFウィンドウ)

非酸化物セラミックスと金属の接合を実現

MHz、GHz といった高周波帯域のRF 窓用部材には、誘電損失の低いセラミック材料が使用されています。京セラでは、従来のセラミック材料に加え、より低い誘電損失の材料 (アルミナ:AO479B、窒化ケイ素:SN287A) をラインナップし、幅広い周波数帯でのご要求にお応え致します。
ジャイロトロンとクライストロンのための高周波窓(RFウィンドウ)を提供しています。 窒化ケイ素:SN287A材は、150GHzを超えるミリ波領域で高周波特性が優れており、京セラではそれらの非酸化物セラミックスにも、長年の経験で培ったセラミック-金属接合技術により、金属と接合することが可能です。

特性

  • 気密性
  • 接合技術
  • 高周波特性良

製品データ

材質
メタライズ部品

特長

材料特性表

*1 誘電正接測定方法: 1GHz: 高周波電流電圧法 / 3.2GHz 付近: 誘電体装荷空洞共振法 / 8.5GHz 付近: 円柱共振法

形状例

円板形状

ドーナツ形状

加工例

金具ロウ付け

用途

  • 高周波帯域のRF窓用部材

カタログ・技術データ ダウンロード

ファインセラミックス部品専用はこちら

ファインセラミックス部品専用はこちら

E-mail
webmaster.fc@kyocera.jp