THE NEW VALUE FRONTIER
  1. Home
  2. 京セラ携帯通信機器事業30周年サイト

京セラ携帯通信機器事業30周年記念サイト

京セラ携帯通信機器事業30周年記念サイト

ご意見・ご感想
Corporate Communication Equipment Group 30th Anniversary Corporate Communication Equipment Group 30th Anniversary

人と、
社会を、
つないで30年

携帯電話黎明期から30年。
通信機器はその役割を変化させ、
いまや社会インフラの一部として、
なくてはならないものになりました。
これからも変わらず、お客様に寄り添い、
生活を豊かにするため、
京セラは、通信技術で社会を支えていきます。

news news

通信技術を通じて
社会に貢献する

京セラ通信機器事業の歴史は古く、 1982年に、無線事業を行っていたサイバネット工業を合併したことがはじまりです。
その後、コードレス電話の開発を経て、1989年末に携帯電話の1号機を市場投入しました。そこから携帯通信機器事業は、満30年を迎えました。
端末やサービスが普及し、役割が重要になればなるほど、 今後はセキュリティ面や、見守りなどの側面も重要となっていきます。
オンライン化が加速し、端末のみならず、システム、サービスも含め、 社会インフラとして、ますます重要なものとなっていくなかで、 京セラは、これからもお客様に喜んでいただける製品を生み出し、 社会に貢献してまいります。

通信機器事業本部 本部長

厳島 圭司

通信機器事業本部 本部長

厳島 圭司

時代に合わせて、
ニーズに合わせて
常に進化

京セラ携帯通信機器事業30年の歩みを代表的な製品とともに振り返ります。

※各製品説明に記載の内容は、発売当時のものです。

2021年3月公開予定

関連動画