京セラ新卒採用サイト2018

  • 新卒エントリー
  • マイページログイン
  • 文系のみなさん
  • 営業部門に求められる資質
  • 管理部門に求められる資質
  • 職種紹介
  • 先輩社員メッセージ
  • スペシャルコンテンツ

営業・管理コース職種紹介

 

  • 国内営業
  • 海外営業
  • マーケティング
  • 物流
  • 法務
  • 資材
  • 経理·財務
  • 人事
  • 教育
  • 総務
  • 広報
  • 営業サポート
  • 情報システム(社内SE)
  • 経営管理
  • 国内営業

    電子デバイスなどを扱う部品営業と、通信機器などを扱う完成品営業があります。いずれも市場拡大·市場創造のための営業戦略を企画、実行しています。部品営業はお客様の新製品開発段階から参画し、価格や仕様を決めることはもちろん、お客様と共に試作、評価活動を推進し、お客様の要望の具体化を担います。完成品営業はユーザーや販売店への直接営業のほか、代理店など流通業者に対する営業活動を行います。また、社内への市場ニーズのフィードバックなど、技術·商品企画部門と連携した提案活動を行います。

    ▲このページのトップへ

  • 海外営業

    日本国内からアメリカ·ヨーロッパ·アジアを中心とした世界各地の京セラグループ現地法人(販売会社)のメンバーと日々コミュニケーションを取りながら、現地の販売活動を支援します。必要に応じて現地に赴き、直接お客様と顔を合わせ、商談を行います。経験を積めば、海外の現地法人へ赴任し、現地セールススタッフと共にグローバルマーケットにおけるシェア拡大のため販売活動を展開していきます。

    ▲このページのトップへ

  • マーケティング

    国内外の市場ニーズをタイムリーに捉え、世の中に新商品を送り出すとともに、効果的な販売戦略を推進し、商品が市場に流通するための仕組みづくりを行う仕事です。市場の情報·ニーズ、京セラの持つ技術を融合させ、新しい製品、新しい市場を創造していきます。お客様の視点に立ち、これからの市場に合う製品·サービスはどのようなものなのかを考え抜き、今後の事業展開の方向性を見出します。

    ▲このページのトップへ

  • 物流

    「モノを運ぶ」「モノを管理する」、この責任を担うのが物流の仕事であり、より効率的なSCM(サプライチェーン·マネジメント)を目指して活動を展開しています。物流センターを含む全国にある工場を基点として、効率的で確実な物流サービスを提供するとともに、運送通関業者と連携した海外との輸出入業務を担当します。京セラ本体をはじめ、グループ会社における物流ソリューションの企画·運営を行うことも大きな役割の1つです。

    ▲このページのトップへ

  • 法務

    京セラのグローバルな事業展開を法務面から強力にバックアップする専門組織です。製品の開発から、製造、販売に至る全ての企業活動における法的リスクを最小限にすることが法務の仕事です。「事業を守り、事業を強くする法務活動に徹する」のスローガンのもとに、質の高い法務サービスを提供し、あらゆる部門から信頼される法務部門を目指しています。

    ▲このページのトップへ

  • 資材(購買)

    厳しいコスト競争を勝ち抜くためには、原材料·部品·生産設備などを適切に購入することが不可欠であり、その購入を一手に担っているのが資材部門です。資材部門の役割は、「適切な購入先から」「適正な品質を確保し」「適時適正な数量を」「世界一安い価格で」「最小のコストにより」購入することです。特に近年、「ワールドワイドでベストな調達」を目標に海外も含めて戦略的に調達活動を進めています。

    ▲このページのトップへ

  • 経理·財務

    経理·財務は経営に関するあらゆる数値を統括する部門です。例えば、京セラおよび京セラグループのアメーバ経営を推進するための各種ルールを策定しています。お金の動きを正しく把握し、タイムリーに開示することも大事な仕事の一つです。また、法人税法や所得税法等の税務関連の法規を基礎に、会社の諸取引を税務の観点から検討する仕事もあります。その他、効率的な資金運用、金融資産·負債の保全·管理並びに外部等への支払業務など多岐にわたります。資金面から京セラグループの発展を支えています。

    ▲このページのトップへ

  • 人事

    経営目標を達成するために必要な人材を確保し、社員一人ひとりの成長や能力を最大限に発揮できる環境をつくることが人事の役割です。京セラの将来を担う人材を確保する採用部門や、就業管理や給与計算など、社員が安心して働けるよう規程やルールに基づき運用する部門があります。他にも人材の活性化を促進する処遇制度や育成制度など、人事制度全般の企画を立案する部門や、会社の経営戦略や事業環境を踏まえ、新施策·制度の提案を行う部門などから構成されています。日本国内だけでなく、世界各地の社員が成長し、活き活きと仕事に取り組めるよう、グローバルな視点に立って様々な制度の企画·運用を行います。

    ▲このページのトップへ

  • 教育

    自社の教育体系にもとづいて、グローバルに各種研修を企画·実施し、能力向上の支援に取り組んでいます。新入社員に対する入社時研修から、経営幹部層への研修まで、各階層に対して、多様な研修プログラムを提供しています。また、京セラで働く社員の人生を豊かにするために、京セラの「考え方」を共有する研修も積極的に行っています。京セラグループの経営基盤の強化を教育面から支える大変重要な仕事です。

    ▲このページのトップへ

  • 総務

    社員一人ひとりが安心して業務に専念できる環境を整備し、やりがい·働きがいの持てる会社風土をつくると同時に、経営トップをはじめ会社全体の活動のサポートを行う部門です。対外的には「企業の顔」として、私たちを取り巻く全てのステークホルダーに対して、京セラを正しく理解していただくための窓口となる大切な役割を担っています。会社全体を見る広い視野を求められるのが総務部門の仕事です。

    ▲このページのトップへ

  • 広報

    マスメディアやWEBサイト等の媒体を積極的に活用し、社会と双方向のコミュニケーションを行うことで、グローバル企業の信頼性およびブランドイメージの向上に貢献するのが使命です。具体的には新聞·雑誌·テレビなどのマスコミに対して企業情報を発信し、経営姿勢や事業戦略などをステークホルダーに伝えています。また、テレビCMの制作や大型展示会の出展、広告看板の設置、スポンサー契約などの取り組みを通じ、ブランドイメージの向上を図っています。その他にも、重要性が増すWEBサイト用の新規コンテンツの制作やSNSの活用を通して若年層も含めた幅広い年齢層の方に、京セラグループの理解促進を行うこと等を通して常に信頼される企業を目指しています。

    ▲このページのトップへ

  • 営業サポート

    お客様からの受注や製造部門への発注業務、納期管理や問い合わせ対応など、実務のエキスパートとしてお客様や営業部門を中から支える仕事です。 電話やメール、時には対面で関連部門とコミュニケーションを図りながら、様々な調整を行い、スピード感を持ち正確に業務を推進します。 海外営業部門では、海外とのやり取りなど英語を用いる機会が多くあります。 将来的には営業サポートから営業職へローテーションする可能性もあります。

    ▲このページのトップへ

  • 社内SE

    京セラグループのアメーバ経営を正しく機能させるために必要な情報システム・インフラ基盤を構築・提供し、各部門の事業活動を支援するとともに、円滑な企業活動の推進役の一翼を担っています。既存システムについては、維持管理、改善提案などを行い、新たな課題や将来に向けては、IT戦略の立案やシステム企画の検討などを行っています。また昨今、会社統合やM&Aも行われることが多く、同時にシステム統合が必要になるため、情報システム部門が主体的にシステムや業務プロセスなど全体最適を考えながら進めていきます。そのためにビジネスの知識、コミュニケーション力、マネジメント力など幅広いスキルが求められます。

    ▲このページのトップへ

  • 経営管理

    経営管理本部は、京セラ独自の経営手法「アメーバ経営」を支える部門です。「アメーバ経営」では、メンバー一人ひとりが、いきいきと経営者意識を持って、自部門の生産・売上の最大化、また経費の最小化に取り組むことを推進しています。経営管理本部は京セラの多岐にわたる事業で行なわれている「アメーバ経営」に対して、運用ルールの策定はもちろん、その手法・仕組みについて、日々、改善・刷新に取り組んでいます。そして、製造部門・営業部門を根本から支え、経営情報を正しく機能させる役割を担っています。

    ▲このページのトップへ

このページのトップへ
新卒採用情報サイトマップ