KYOCERA SOCIAL ALBUM

「データヘルス・予防サービス見本市2015」出展のお知らせ

2015/12/18

こんばんは。京セラ広報室です。

先日、12月15日(火)に「データヘルス・予防サービス見本市2015」が東京国際フォーラムにて行われました。同見本市は、厚生労働省が、社会全体における個人の健康増進を目的として、医療保険者と健康・予防サービスを提供する事業者の間の協働・連携を推進させる場として実施するもので、今回がはじめての開催でした。

京セラは、一般財団法人日本予防医学協会、他4社とともにブースを設置し、スマートフォンで腹囲をなぞると内臓脂肪面積を推定できる体験など、健康経営を目指す企業の健康保険組合を中心に提供している生活習慣改善支援サービス「デイリーサポート®」を紹介しました。

当日は、午前中は入場規制がかかるほどの大盛況で、昨今の健康のデータ管理に対する意識の高さを肌で感じることができました。京セラブースでは、男女のMCの方の会話のやりとりで、分かりやすく「デイリサポート®」を紹介し、多くの方が興味深く聞き入っていました。また、内臓脂肪のデモ体験では、結果によって、様々な反応があり、とても盛り上がりました。

デイリーサポート® | 京セラ株式会社
http://www.kyocera.co.jp/prdct/healthcare/dailysupport/index.html?fb

Facebookコメント